スローライフでご機嫌に暮らす。

思いつくまま、気の向くままに、よしなしごとを綴っています。

「そういう人ばかりだと社会が困る」に思うこと

最近の日本の風潮を見るに、昭和に比べたら、他者に対する許容量が増えたように思う。単身者にしろ、セミリタイア者にしろ、LGBTにしろ、起業家にしろ、自営業にしろ、夢追い人にしろ――「他人様のことだし、好きなように生きればいいじゃないか」と発言する人が増えてきた。

ただし、その後に「そういう人ばかりだと、社会がまわらないけれど」という変な一言がついていることが多い。

news.yahoo.co.jp

先日「人が増えるほど自分の意見が通らなくなる」というヒロシさんの意見を読み、ほとんど私の考えていることと一緒だなと共感し、その後にヤフコメを読んでみたら――おおむね好意的な意見ばかりだったのだが――やはり共感しつつも「そういう人ばかりだと、社会がまわらない」と書いている人が数名散見された。

 

では、どういう人ばかりだと社会がまわるのだろう。結論を先に言うと、どんなに優れた資質を持っていても、一種類の人間ばかりでは社会は決してまわらない。

f:id:yumenoko:20211019204212j:plain

マスオさんのように、仕事も家庭も大事にし穏やかで諍うことのない働き者ばかりでも、この世は回らない。羽生結弦選手の性格が完璧であっても、この世のすべてが羽生君だったら、やっぱり回らないのだ。

日本に米以外の食料が消えたとしたら?桜だけ残してすべての植物が滅したら?

こう考えていけば「一種類が独占する世界はあり得ない」「違いのあるものが関連しあい、補完しあうから、世界はバランスを保っている」ということがわかる。

五本の指はそれぞれ長さが違うから、モノをつかめる。親指だけが別の動きをするから、しっかり握ることができる。それと同じで2割は「少し違う方向を向く種」であるほうが、健全なのではと感じる。

 

それにしても…枕詞のように「社会が困る」と反応する人は、余程この世界に深く干渉する力を持っているのだろう。犯罪や迷惑行為ならともかく、無駄に他者批判する心理は、「相互の監視が心掛けが世間を良くする」の迷走版だと思うけれど。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

縁切榎のすごいご利益。職場の問題が一気に解決?

先週末は、職場の人間関係で少し鬱々とし、同僚と愚痴で盛り上がってガス抜きをしていました。鬱々とし過ぎて、生き方その他を見直したり、来し方行く末を案じたり。

 

ふと「こういうときこそ、縁切榎に行こう!」と思い立ちました。

larisa.hateblo.jp

 

larisa.hateblo.jp

 

寒い日曜日。小雨がぱらついているので、こんな日はそんなに参拝者はいないだろうな…と思っていたのですが、予想に反し先客が2人もいました。若い女性たちが傘をさしつつ懸命に絵馬を書いています。

邪魔にならないようにすばやくお願いをしました。

職場の人間関係、病の根、トラウマ、その他すべての悪縁を断てますように。

軽やかに地球卒業できるよう、日々楽しく過ごせますように、と。

 

f:id:yumenoko:20211018201228j:plain

参拝者がいたので、当日は撮影していません。これは夏の写真です。

 

🌸    🌸    🌸

 

一夜明けた今日。

何だか職場の苦手な人が、妙にご機嫌というか優しいのです!先週と今週で、態度が大違い。いったいどんな心境の変化が?と首を傾げましたが、ああ多分、縁切榎のご利益なんだろうなと思いあたりました。

過去記事でも何回か書いていますが、本当に「即効性」があって「確実に」願いを叶えてくれる神様なのです。

 

祀られている第六天は「欲界」で最高位の天魔。欲を餌にお釈迦様の悟りを妨害しようと画策したことで有名です。そんなところから「悪者扱い」されている気がしますが、生きる上で欲はなくてはならないもの。

金も欲も、そこに善悪はありません。両方とも人間が生きる上で必要なものなのに、変な色眼鏡でみるからややこしくなるんです。

 

六天は「生きる上での欲を満たし、幸せになってほしい」と願う神様。決して悪い存在ではありません。もちろん「欲」を憎み、「我慢・忍耐・不幸」を好む人には敬遠されると思いますが。

 

あまりに願い事が叶うので、余程のことがないと願掛けはせず、大抵は「病や人間関係のトラブル、悲しい記憶を遠ざけてくださり、感謝します」とお礼にとどめています。

今回はお願い事をし、結果一日で人間関係のトラブルが緩和したので、近いうちにお酒を携えてお礼参りに伺うつもりです(ご神木にお酒を振りかけると、神様が喜ぶそうです)。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

自己紹介的に「10の質問」に答える

f:id:yumenoko:20211017071706j:plain

はてなブログ10周年特別お題「はてなブロガーに10の質問」にこたえてみたいと思います。

ブログ名もしくはハンドルネームの由来は?

最初のブログ名は「胡蝶の夢」としていました。所詮この世は幻想なので、ゆるく穏やかにとらえていこう――そんなニュアンスだったと思います。少し抽象的かと思って、現在のブログ名に変えましたが、スローライフ的に暮らしていないので、ちょっと看板に偽りありか?と反省しています。

 

ハンドル名は「花の文字をいれる」「らりるれろの音を入れる」ということで、姓名判断を駆使して3日ほど考えました。山櫻りかこ、梅桃(ゆすらうめ)るりか、櫻木ゆめのの三つまで絞り、最終的に「胡蝶の夢」に対応する「ゆめの」にしたのです。後で、鉄道むすめ的なネーミングセンスだったと気づきましたが…。

 

はてなブログを始めたきっかけは?

20代の頃からHPでエッセイを書いていました。その後、SNSで日記を書いたり、他社ブログ(gooやFC2)で記事を書いたりもしていたんですよね。しかしもう少し書きやすい媒体をと思い、はてなを選びました。

 

f:id:yumenoko:20211017073636j:plain

自分で書いたお気に入りの1記事はある?あるならどんな記事?

特にないです。書いたら忘れてしまうことが多いので。

 

ブログを書きたくなるのはどんなとき?

文章的に思考しているので、常に書きたいかも。ブログでなくても、手紙でもアンケートでもメールでも、文章を書いているときは幸せです。

 

下書きに保存された記事は何記事? あるならどんなテーマの記事?

さあ、10記事くらいかな。でも復活させることはまずありません。大抵数日経つと処分していますね。手直しして書き足すと何となくリズムが狂うので、いつも一気に書いてアップしています。

 

自分の記事を読み返すことはある?

ほとんどありません。ただ読者さんが古い記事にブクマしたときに、読み返すことはあります。

 

f:id:yumenoko:20211017073740j:plain

好きなはてなブロガーは?

温かい感想やコメントをくださるブロガーさんは、皆さん大好きです。ありがとうございます。

 

はてなブログに一言メッセージを伝えるなら?

素敵な媒体を提供してくださり、ありがとうございます。

 

10年前は何してた?

ばりばり仕事をして疲弊していました。

 

この10年を一言でまとめると?

激動の10年でした。両親を見送り、30年近く勤務した会社を退職し、その他いろいろありましたから。でも、振り返れば今が一番幸せです。10年前に戻りたいかと問われたら、断固拒否します。

 

お題ありがとうございました!

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村