スローライフでご機嫌に暮らす。

50歳目前に早期退職をし、現在週3日勤務。減速生活の雑感を気の向くままに綴ります。神社仏閣、散歩、読書、美術館巡り等が好き。

いつか来る死――死と手をつなげば、今を生きることにつながる。

72歳の糸井重里が、400人以上を看取ってきた82歳の訪問診療医と「死」を入り口に語り尽くすエッセイ『いつか来る死』。

f:id:yumenoko:20210511204550j:plain

死とちゃんと手をつなげたら、今を生きることにつながる。

「はじめに」を抜粋しながら、思ったことをつらつら書いてみよう。

死を頭の片隅に持ち歩く

ここ数年は、お守り札を持ち歩くように、「死」についての考えを頭の片隅に持ち歩いています。それは、ちっとも嫌なことじゃないんです。自分の体の衰えを感じたとき、身近な誰かが亡くなったとき。そういうときは、どっぷりと死のことを考えます。

両親を見送り、更年期を迎え、死について頻繁に考えるようになった。別に生き急ごうと思っているわけでも、ネガティブな感覚に身を浸しているわけでもない。むしろ、できないことが増えていくことが楽しいのだ。記憶が鈍り、目のピントが合いづらくなり、代謝が落ち、身体は老化の一途を辿るが、いつも面白く観察している。もし年を重ねるたびに成長し、ピークで逝くとしたら悲しすぎる。花もつぼみから開花し、そして萎れて静かに散るのだ。自然には無理も無駄もない。

日々考えは揺れ動く。

一方、「自分のお通夜はパーッと楽しくしたいな」と空想する日もあれば、赤ん坊と接して限りなく死が遠くに思えるときもある。いつでも真正面から向き合っているわけではありません。揺れ動いていて、考えが変わることもある。それでいいんだと思います。

私もいつも逝くことを念じているわけではない。大抵の場合は放念している。しかし生きることに没頭しているときも、逝く日を思うときも、どちらも温かい気持ちだ。そういう受容ができるようになるから、年を取るのは楽しい。

 死への意識が生への強い解放につながる

死について考えることは、「生きる」について考えることです。死を意識すると、生きることがより解放される。年々、その効果を感じるよ うになりました。人生って、みつ豆さくらんぼを最後のお楽しみに取っておいたら誰かに食べられちゃった、みたいなことだらけです。後で、後で、と考えていると、せっかくいただいた命を、存分に使えないままにしてしまう。

逝く時をよく考えると、むしろ生がより自由になる感覚をおぼえる。さくらんぼの喩はそのとおりで、何度食べ逃したことかと臍を噛むほどだ。昔は好物は後での楽しみにしていたが、今はすぐに食べることにしている(だから太る)。しかし「今」を逃すほどの愚行はない、そう思って一期一会を大事にしているのだ。

「いつかやればいい」と時間を無駄にしない。

「上からの命令」や「社会の仕組み」といった、やりたいことを邪魔する要因から解き放たれるためには、「死」というカードを持っておくと強い。それがないと、「いつかやればいいや」でずるずる年月が経ってしまう。日頃から死について考えておくことが必要なんです。

命は有限であり、この生は一度きり。そう認じてから時間を粗末にできなくなった。同調圧力を唯々諾々と受け入れ、従容と過ごすのは40代で終わりにしようと決めたのだ。地位、名声、賞賛、世間体など「他人軸」に合わせるよりも、自分のやりたいことをひとつずつ叶えていこうと思った。基本的な社会の仕組みについては、適宜敬意をもって従うが、過剰な同調圧力をかけられたり、コンフォートゾーンを侵食される場合は、そこから速やかに離脱することにしている。

www.1101.com

 本日のまとめ

明日から図書館が開館する。この本の続きを読みたいから、さっそく借りてこよう。

そして明日午前4時過ぎには牡牛座新月。お金や物質的豊かさに対する願い、現実生活への感謝が適しているらしい。死生観と乖離ある話になっているようだが――否、生きているうちは自分を満たす努力は必要だ。

note.com 

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代女性日記へ
にほんブログ村

まったく頑張らずに体重を10㎏減らす方法

「思春期は食べても太らないし、簡単に体重を落とすことができる。更年期はその逆で、食べなくても太りやすく、また痩せにくい」と婦人科の先生はおっしゃる。

まさにそのとおりで、気を抜くとあっという間に増量する。50歳を越してからというもの「中性脂肪と悪玉コレステロールと血圧と体重の値」が右肩上がりなので、何とか抑えたいところだ。

f:id:yumenoko:20210510202816p:plain

昨日(5/9)の毎日新聞「日曜くらぶ:松尾貴史のちょっと違和感」にこんな記事が掲載されていた(一部抜粋)。

f:id:yumenoko:20210510202922j:plain

松尾貴史さん(60)は一年間「歩きたい、歩きたい」「食べきれるかな」「胃が小さくなったなあ」とつぶやき続けたおかげか、まったくがんばること無しに、体重を10㌔減らすことができた――というのだ。

良いことを聞いた。暗示の力に頼ろう。多分、私のダイエットがうまくいかないのは「更年期は痩せにくい」という呪いにまんまと踊らされているからだ。

早期退職時も「絶対辞めてからの方が幸せな生活を送れるし、生涯お金に困ることはない」と決めたら(世間様の常識とは相当の乖離があるが)そのとおりになったではないか。暗示力発揮は私の得意分野だ。うん、今日から暗示の力を借りてみよう。

私は歩くのが大好きだから、これからも(コロナ禍に配慮しつつ)神社散歩を続けるし、野菜・きのこ・海藻・大豆を中心としたバランスの良い食生活を楽しむし、健康的にすっきり体型になると決めた!!BMI22以下に、俺はなる!(期限は年内)

f:id:yumenoko:20210510203946j:plain

松尾さんは明日で61歳(おめでとうございます!)。

自分よりも年長者のダイエット成功談は励みになるし、前向きな気持ちになれる。

意識を使って楽しくやってみよう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

「導きの社 熊野町 熊野神社」は明るく楽しいカオス!

昨日は父の命日だったので、墓参に行きました。

そして今日はGW最終日で巳の日。都内の有名な弁財天神社は参拝しているし、不要不急の外出は控えるようにとお達しがあるご時世ですから…控えめに近場の神社を散歩することに決めました。

しろくまカフェに洗脳され(GW中に全50話、見てしまいました)、クマに反応したのかもしれません。そんな今日の散歩コースは「熊野神社」です。

交通アクセス

 東京都板橋区熊野町11−2

【最適】
池袋駅西口(中央)」からバスで熊野町下車 徒歩2分

【電車】
JR山手線など「池袋駅」徒歩18分

hotokami.jp

 ご祭神とご神徳

伊佐奈美命(いざなみのみこと)…生命の祖神、五穀豊穣、家内安全

速玉之男命(はやたまのをみこと)…厄払い、厄除け

事解之男命(ことさかのをみこと)…悪縁切り、学問の神

境内

f:id:yumenoko:20210509194512j:plain

5月10日まで鯉のぼりがはためいています。境内だけでなく、外壁をぐるりと鯉のぼりが泳いでいるので、本当にカラフルで楽しい雰囲気。多分、神主さんは遊び心満載で陽気な方なのだろうと推察しました。

f:id:yumenoko:20210509194741j:plain

ここは神社なのですが、地蔵菩薩不動明王、観世音菩薩、弁財天、お稲荷さんといろいろな神仏が集合しているのです。

あと、御朱印もすべて手書きでいただけるため、時間がかかるとか(私は御朱印集めをしないので、このあたりはノーマークですが)。

拝殿

f:id:yumenoko:20210509194953j:plain

ご挨拶し、参拝できたことや大きな煩いなく過ごせることのお礼をお伝えしました。最近はご利益に注視せず、ただ楽しく伺っている感じですね。

狛犬

鳥居近くの狛犬さんたち。

f:id:yumenoko:20210509194909j:plain

f:id:yumenoko:20210509195017j:plain

沖縄のシーサー風味の狛犬さんですね。

 

拝殿近くの方は…

f:id:yumenoko:20210509204926j:plain

f:id:yumenoko:20210509204940j:plain

また趣が違います。

不思議な掲示

f:id:yumenoko:20210509195611j:plain

ここのお社は「勝手に鬼滅の刃を応援!」して「鬼滅の社」を名乗っているようです。

面白すぎる。こういうセンス、大好きです。

f:id:yumenoko:20210509195813j:plain

どうやら、9時の方向に「幻想の庭」なるものがあるようです。しかし、このデザインも神社っぽくないですね。アメリカ・アニメ風味で、ますます素敵なカオスを感じます。

f:id:yumenoko:20210509200047j:plain

都内最初の「厄割良縁石」が、厳島神社前にあるらしい。

ということで、拝殿左(9時の方向)に進みました。

幻想の庭

f:id:yumenoko:20210509200247j:plain

f:id:yumenoko:20210509200318j:plain

何かいろいろなお社が点在していますね。

伏見稲荷

f:id:yumenoko:20210509200452j:plain

鳥居にかかっている紙垂も、炭治郎と禰豆子模様。

f:id:yumenoko:20210509200523j:plain

鬼滅の刃」の厄除の面がふたつ飾られていますね。

神主さんの「勝手に応援!」の気合を感じます。

<ご神徳>五穀豊穣、商売繁盛、社運隆盛、諸芸上達など

おもかる石

f:id:yumenoko:20210509200949j:plain

お稲荷さんの隣にある「おもかる石」。願い事を念じつつ石を持ち上げ、軽ければたやすく叶い、重く感じたら一層の努力精進が必要という、あれです。

私は、割と軽く感じました。

出世不動尊

f:id:yumenoko:20210509200925j:plain

お賽銭箱の手書き文字が妙に温かみを感じます。

私の守護仏さまなので、真言を唱えてご挨拶しました。

<ご神徳>立身出世、仕事運向上、厄除、戦勝、病気平癒など

厳島神社(弁財天)

f:id:yumenoko:20210509201325j:plain

弁財天さまの縁日(巳の日)に参拝できたことを感謝しつつ、ご挨拶しました。

<ご神徳>交通安全、安産、縁結び、金運上昇、諸芸上達など

こちらでは不動明王でなく、弁天様が「交通安全」を専門とされているのですね。

さて、坊やは池を眺めていますが、その足元にカエルが2体並んでいます。

f:id:yumenoko:20210509201551j:plain

福がカエル、若ガエル、よみガエル、無事カエルなど、吉兆の動物ですね。

白衣観音

f:id:yumenoko:20210509201834j:plain

こちらも不動明王に続き、賽銭箱に手書きで「観音」とあります。この手作り感がいいなあ。

<ご神徳>子授け、安産、子育て、無病息災など

厄割り良縁石

f:id:yumenoko:20210509203303j:plain

ちゃんと足場まであります。ここからあの注連縄の石に玉をぶつけて、厄を割るんですね。

番外

f:id:yumenoko:20210509203614j:plain

幻想の庭で見かけた石。これ、甲羅から首を突き出した「亀」ですよね多分。

 

f:id:yumenoko:20210509203720j:plain

個人的にツボに入ったのが、このトイレの表示。

神主さん、面白すぎる。

カラスのおみくじ

f:id:yumenoko:20210509203909j:plain

家を良く守る…家良守(カラス)

あらゆる災いを枯らす(カラス)

レアなカラスみくじ(500円)を引いてみました。

f:id:yumenoko:20210509204518j:plain

お腹の中に、おみくじが丸まって収められています。

f:id:yumenoko:20210509204602j:plain

大吉でした!カラスはもちろん、おみくじも持って帰ります。

見守地蔵尊

f:id:yumenoko:20210509205146j:plain

拝殿の右側に、見守地蔵尊がいらっしゃったのに気づきました。例によって、賽銭箱に手書きで「地蔵」の文字が。こちらでは御朱印は置き書きしないそうですし、肉筆に拘りがあるのかもしれませんね。

f:id:yumenoko:20210509205411j:plain

石碑の上に、可愛いカラスとお地蔵さんが!遊び心満載過ぎる。

まとめ

弁財天目当てで探した神社でしたが、本当にいろいろな神様が散らばっていて(整然としていないのがまた素敵)、陽気で愉快な雰囲気の神社でした。

伝統や格式を重んじる神社も良いですが、「皆が楽しめる場所にしよう」と常に新しいことや面白いことにチャレンジしている神社にも魅力を感じます。

個人的には「威儀を正すべし、正装参拝すべし」というところより、「普段着でいいから顔を見せにおいで」と温かく迎えてくれる、故郷のような場所が好みです。

のびのびできる、とても素敵な神社でした。 

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村