面白がって ご機嫌に生きる

30万アクセスまで、ぼちぼちと雑感を綴っていきます。その後は、開店休業の予定です。

本の断捨離で、人との向き合い方も見えてくる

ブックオフに注文していた段ボールが届いたので、朝から古本類の箱詰め。

やり始めると止まらなくて、朝食も取らず、黙々作業。

詰め終わったら、すっきり!

不要なモノを手放していく作業は、こまめに行ったほうが良い。

一か月前に執着していたモノや事象に、今はまったく関心がない――最近、そういうことが増えてきた。

 

よく「断捨離という概念が嫌いだ。モノは大事にすべきだ」と訴える人がいるが、多分「モノを粗末にして安易に捨てる」という解釈をしているのではないだろうか。

そうではなく「不要なモノを捨てたり手放したり、あらかじめ拒否することで、自分を大事にする」のが断捨離だと思う。

昔は大好きだった哺乳瓶ミルクやリカちゃん人形が、今は不要(というか記憶にものぼらない)というのは、別におかしなことではない。対象を粗末にしているわけでもないし、その市場価値が下がったわけでもない。

ただ「今の自分」に合わなくなったから手放すというだけ。

人間関係や組織関係でも同じこと。相手や組織が悪いとか、こちらに非があるとか、そういう話ではない。ただ「合わなくなったら離れたほうがいい」というだけだ。

 

📚     📚     📚

 

「読もうと思ってそのままの本」「一読したけれど、二度と読み返さない本」「昔は好きだったが、開かなくなっている本」…どれも手放すことに決めた。

モノとの向き合い方は、人間関係に通じるところがある。

逢おうといいつつそのままの人、二度と逢いたくない人、以前は仲良しだったが疎遠になり、今も交際を再開したいと思えない人。

 

何を手放し、何を残すか。そして空いた場所を何で満たすのか。

そんなことを考える立春大吉

 

断捨離の神様「縁切榎」(2/4撮影)。

境内に絵馬をかけるスペースがなくなり、金網にしばる人多数。

 

ちなみに境内の絵馬スペースはこんな感じ。

お焚き上げ処理をする方に感謝を込めて、

立春大吉参りをさせていただきました。

 

お題「断捨離」

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

節分から立春へ。煽られても、焦らず楽しむ

少し前から「運気が切り替わります」「準備をしましょう」「立春前までの過ごし方が、これからの生き方を大きく変えます」と目にするようになった。

もちろん、節目は大事。だが、あまり外野の声に左右されないほうが良い。

例えば、年末に「年賀状の準備はお済みですか」「今年の汚れ、今年のうちに」と煽られると、自分のペースが崩される気がして鬱陶しい、と感じる人も少なくない。自分の中に節を持ち、それをどう活用するかは自分次第であり、外の喧噪は「役に立つところだけ」切り取っておけばいいのである。

👹    👹    👹

節分。20年ほど前に鶴岡八幡宮に行ったことを思い出す。福豆の袋が拝殿から投げられ、参拝者たちが争うように奪っていく。私は運動神経がないのと、その光景についていけなくて、途中で豆を拾うのを諦めた。友人が地面に落ちる前の豆をいくつかキャッチしてくれて、それをもらったのだが…。

他人を押しのけて、ひとつでも多く福豆を我が物にせんと争う群衆。

踏みしだかれ、泥に塗れた福豆の残骸。

地獄絵(餓鬼道)に迷い込んだような気がした。却って福が遠のく…と感じたので、以来「節分」の神社仏閣には行かないと決めた。

節分の日は、家の中を丁寧に掃除し、感謝しつつ福豆をいただくのがいい。

節分イブ(2/2)にいくつか神社・仏閣めぐりをしてきたので、備忘録として写真を貼っておこう。

豊川稲荷東京別院

日枝神社

紅梅も咲き始めている。

赤坂氷川神社

今年はスサノオさんにご縁がある。なんとなく訪れると、スサノオさんが祀られていることが多い。今回は意識してスサノオさんにご挨拶に伺った。

出雲大社東京分祠

二礼四拍一礼でご挨拶。

うさちゃんも隠れている。

(以上4社は赤坂・六本木エリアなので徒歩でまわれる)

根津神社

こちらもスサノオさんが祀られている。

乙女稲荷社

赤城神社

スフィンクスのような狛犬に、ガラス張りの拝殿。

蛍雪天神(学問の神様)

撫でるといいことがある(らしい)大ムカデ。神楽坂・善國寺の姫小判守にも、ムカデが刻印されているし、この地域はそういう系統が多いのだろうか…。

赤城出世稲荷、八耳神社、葵神社

奥まった場所に鎮座している。赤城神社は数回参拝しているが、今まで見落としていたので、丁寧にお参り。

最後に

節分当日が非常に寒くなったので、2/2にお参りして良かった…と安堵。

ピンクのカーネーションを買って飾ってみた。

ちなみに松枝と白菊は12/30頃に購入したもの。

 

気温が低いため、お花がかなり長持ちしている。

まだまだ厳しい寒波を、楽しくとらえてみよう。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村