面白がって ご機嫌に生きる

快適なモノや場所を選び、いつも機嫌よく過ごしていたら、運と勘が強くなりました。どこまで楽しんで暮らせるか、日々実践中です。

【怪異譚】写らない女

☆心霊系の話が苦手な方は、読まないでください。

 

今から12~13年ほど前のことになる。あるSNSに参加して日記を書いていた。

そこで交流のあった健太郎さん(HN)が、ある時こんなメールを送ってきた。

 

――こんなことをいうのも恐縮ですが、プロフィールに使っている女性の写真、あれはやめたほうが良いと思います。

 

この文章を読んだ瞬間、背筋が寒くなるのを感じた。プロフィールに用いていたのは成人男性の顔写真で、どこにも女性など写っていないからだ。取り急ぎ写真を外し、健太郎さんに「男性のプロフ写真を外しましたが、女性の写真とはどれを指しているのでしょう」と返信してみた。

 

――外して良かったです。ええ、その男性の写真の中に、女性が写っているんですよ。

・・・見えませんか?

これにはさすがの私も怖くなり、数日後、霊感の強い友人に会った時に相談し、写真を開陳した。友人は写真を凝視して、こういった。

 

「ああ、いるね。右斜めの角度で、こちらを睨みつけている女が写っている」

 

私には、何にも見えないのだが。というか、プロフ写真に女性が写っている、と指摘したのは健太郎さんだけなので、他のSNS利用者の誰にも見えていないはずだ。

 

友人には「でも、この写真は怖いよ。普通なら使おうと思わない。これを選んだってことは、相当疲れているんじゃない?」と指摘された。当たっている。

 

心霊写真に知悉していないが大抵「いるはずのない存在が写るもの」を指すように思う。今回のように、霊感の強い人だけに見える、写らない存在もあるのかな…と思うと少し怖い。

 

件の女は、私個人に敵意があったとは思えない。それなら健太郎さんも「写真を外せ」で済ませなかったはずだ。

ずっとあの写真の中に存在しているのだろうか。

今も、その写真はネットで見ることはできるが、誰も心霊写真だと指摘しない。

私も視えないものを見たいとは思わないので、見かけてもすぐ目をそらすようにしている。

 

恐れを増幅させるものには、波長を合わせないのが最善だ。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

550円のターリーカレーセット(神無月はじめの雑感)

神無月が始まった。秋晴れの土曜で都民の日、行楽スポットはどこも混雑しているだろう。近場で朔日詣でをし、散歩がてらインドカレーのお店に立ち寄ってみた。

が、閉じたシャッターに「数週間お休みします」の掲示紙が貼られている。

脳が「インドカレー」を欲しているので、別のカレー屋まで足を延ばすことにした。

 

🍛     🍛     🍛

 

ターリ―カレーのセットが880円。インド人の店長が出てきて「今日はサービスで550円でやってマス」と勧めるので、廉価にびっくりしつつ入店する。

カレー2種とサラダ、スープ、ナンとサフランライスで550円は安すぎる。しかも美味しいし、店員さんたちは皆親切。今月から値上げラッシュだというのに…と応援の意味を込めてラッシー(150円)も注文。ちょっと食べ過ぎ。サフランライス抜きで、ナンだけにしても良かった。胃に詰め込み過ぎて、後で苦しくなった。

(もし縁切榎神社にお参りに行く機会があれば、立ち寄ってみてください。縁切榎神社から板橋駅方面へ直進、徒歩15~20分くらいです)

bombaypalace.jpennn

「障壁があったらぶち壊せ」「思い通りにいかなくても、それを乗り越えろ」という考えよりも、「壁があったら迂回して『次いこ、次』」のほうがうまく行くと実感している。今回も、最初の店に執着せず、別のカレー店を探したら、結局そのほうがお得だったというオチ。うまく行かないときは、手放したほうが何かとまわるものだ。

逆にいうと、一度ケチがついたものは延々それが続く。東京五輪が好例だ。開始前から終了後に至るまで、ずっとケチがついている。

 

📚    📚    📚

 

付近の書店に寄ったら、女性客が「プレジデント最新刊はありますか」と尋ねているのが耳に入った。店員さんが「ああ、医療特集のアレですね。今はどこも完売で、在庫もない状態なんです。大きい書店ならあるかも…」と答えている。

帰宅してから検索してみた。

PRESIDENT

確かに、売り切れ必至のテーマだ。出版業界は斜陽といわれて久しいが、魅力ある内容なら人は競って手に入れたがるものなのだ。養老先生と和田先生の対談は私も読みたい。電子版でも購入できるが、平日に図書館で閲覧しよう。

※8月にコロナ関連本を30冊ほど読み、養老先生と和田先生の著書も読み漁ったので、書いてある内容はほぼ推測できる。だから、焦って買わなくても大丈夫だ。

 

💰   💰   💰

 

ボンベイパレスの近くの観明寺にお参りしたら、いつもは閉じている稲荷社が開帳していた。朔日だからだろうか?それもこれも、最初のカレー屋が閉まっていたから起きた邂逅である。

 

期待とは違うことが起きても、それは好機の芽だったりする。安くて美味しいカレーを食べられたし、PRESIDENT情報も入手し、ご開帳の機会に参拝できたし、想像以上に面白い目に遭えた。

 

自分で「楽しむぞ、面白い目に遭うぞ」と決めておくと概ねそうなるものだ。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

9月の振り返りと雑感

9月はかなり活動的でした。9/1の『ゴールデンカムイ展(京都)』に始まり、花散歩や神社仏閣めぐり等、あちこち出かけました。

ベルサイユのばら

9/29はベルサイユのばら展に。池田理代子先生の自筆の原画はすばらしく、子どもの頃「お姫様の絵」をよく真似したな…と感慨に耽りました。

印象に残ったのは「ジェローデルは実は女嫌い。オスカルが普通の娘の恰好をしていたら、求婚どころかまったく興味を示さなかった」という裏設定。

24歳の池田先生が多忙過ぎて、茎わかめ筋子しか食べていなかったら腎臓を悪くした…という話も印象に残りました。

本当に、漫画家は命を削る仕事ですよね…。

会場の詳細を知りたい方は、こちらの記事をどうぞ。一般観覧者は撮影できない、原画写真なども掲載されています。

高尾山の龍雲

今は一年で一番過ごしやすい季節。10月もコスモスや秋薔薇を観に行ったり、山歩きを楽しみたいと思っています。

高尾山の上で見た天狗的な龍雲(9/28)

やっぱり出かけると、いろいろ刺激があっていいですね。

最近は、金木犀の香りが漂って多幸感を感じます。

視界に入らずとも金木犀が存在するように、見えないものが幸福感をもたらしたり、或いはその逆を招いたりするのは、別に不思議でも何でもありません。

神無月は、いっそう嗅覚を研ぎ澄ませていこうと念じています。

資産額について

資産額は予想どおり先月よりも少なく(赤字に)なりました。

9/13に自己最高額を記録したと思ったら、崖を滑るように下落。今月の値動きは面白かったですね。

令和元年6月から積立投資を始め、毎月最終日に「現金・貯蓄・投資額」の合計を算出します(金銭管理はこれだけ。家計簿はつけません)。

令和2年、3年ともに9月は「対前月比」「対前年同月比」とも、必ず赤字になるので、多分今月もそうなるだろう…と予想していたら的中。

外れたら嬉しいし、当たっても楽しい。どちらに転んでも面白がれるメンタルで、投資を楽しんでいます。

晦日掃除

衣替えを済ませ、要らない服や靴を処分しました。(喪服を除く)スーツやパンプスは全捨離。もうオフィスに通うことはないし、快適な服だけ残します。

きれいな言葉、姿勢、笑顔、清潔感。

本物のおしゃれには、お金はかからない。

小池一夫氏の名言)

排水溝やトイレ掃除も終わらせたので、後は晦日詣で。

近所の神社に今月も無事に過ごせた旨、お礼参りに伺います。

家の中から不要なものを捨て、部屋中を磨き上げて、カレンダーをめくる。

この晦日のささやかな行事を、とても大事にしています。

名言で振り返る

今年度は、当初9月まで働く予定だったのを7月に辞めたので、この2か月は本当に貴重なものでした。特に今月は「あの場所から離れなければ、こんな穏やかな時間を過ごせなかった」とつくづく神様に感謝したものです。

小池一夫氏の名言

自分が犠牲になっていくらかの人を幸せにするよりも

いくらかの人との縁を切って、自分を幸せにすることが大事

働くとは自由を手に入れることだ

人は自虐の甘さに慣れると本当に終わる

水木しげる氏の名言

仕事は食べるためにするものだ。よく人類のためだの、それ以外のためだのと言う人がいるが、僕にはわからない

50歳くらいで納得できる生活ができていない人は、残念がったほうがいい。50歳過ぎてぼやぼやしていたら遅いから

ある程度 年を取ったら、愉快に怠ける癖をつけなきゃいかんのです

 

👻    👻    👻

 

「自分自身に集中する」ことが一番大事。各人が自分を満たせば、世の中は明るくなるのに、自分を放置して他者の足を引っ張るからややこしくなるんです。

そういう場所からは距離を置き、来月も「面白がってご機嫌に愉快に生きる」ことを抱負とします。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村