面白がって ご機嫌に生きる

快適なモノや場所を選び、いつも機嫌よく過ごしていたら、運と勘が強くなりました。どこまで楽しんで暮らせるか、日々実践中です。

2021-07-06から1日間の記事一覧

退職後の余生をどう使う?元損保役員からパート介護職員へ。

6/23の東京新聞「わたしの転機」より。 中井康裕さん(72)は62歳で損保ジャパンの役員を退任。 その後は大学の社会人講座で英語を学び、妻と海外旅行、毎週映画館通い。 フルマラソンやシニアのテニス大会にも出場。 退職後の開放感を存分に味わうも・・・ …