面白がって ご機嫌に生きる

快適なモノや場所を選び、いつも機嫌よく過ごしていたら、運と勘が強くなりました。どこまで楽しんで暮らせるか、日々実践中です。

2022-08-24から1日間の記事一覧

谷川俊太郎の言葉より

『ことばの恐竜』で、谷川俊太郎さんがこんなことを語っていた。 「図書館はいいが、本屋に行くとプレッシャーを感じる。 これだけの本を読まなければいけないのかと、胸が苦しくなる。 知恵はいいが、もう知識は増やしたくない(要旨)」 私は本屋はいいが…