スローライフでご機嫌に暮らす。

思いつくまま、気の向くままに、よしなしごとを綴っています。

烏森神社に健康祈願に行きました。

中性脂肪と悪玉コレステロール値と血圧と体重の値を下げよう。そのためには、家で引きこもっていてはいけない。そうだ、散歩がてらに「健康祈願」が得意な神社に行ってみよう。

そんなふうに考えて、都内の神社を探したところ「烏森神社」がヒットしました。新橋にはよく行くし、もちろん名称は知っていますが、一度も参拝したことがありません。

 

烏森神社

karasumorijinja.or.jp

ちなみに5/4~5/6はお祭りです。混雑を避けるため、少し早めに伺いました。

f:id:yumenoko:20210503162613j:plain

この形の鳥居を見るのは初めてです。ふくろうみたいですが、鳥を模しているのでしょうか?由緒が知りたいですね。

f:id:yumenoko:20210503162909j:plain

ちなみに、拝殿も同じ形をしています。それにしても、烏森神社も小網神社も、主祭神倉稲魂命稲荷大明神)なのですが、それっぽくないですね。稲荷社といえば「赤い鳥居にキツネの像」というイメージを覆しています。

稲荷らしくないところが、また斬新で素敵です。

f:id:yumenoko:20210503162956j:plain

主祭神について

倉稲魂命(うがみたまのみこと)

天鈿女命(あめのうずめのみこと)

瓊々杵尊(ににぎのみこと)

アメノウズメが大好きなので、気分が上がります。あの大らかで陽気でざっくりした性格がたまりません。この女神様が祀られている神社は、少ないんですよね。烏森神社のご利益として「社交運」「美容運」があげられていますが、ウズメさんパワーなのかな?

稲荷さんもウズメさんも好きです。ただニニギはねぇ…身籠ったコノハナサクヤビメに「一夜契りなんだから、俺の子じゃないよな?」と言ってしまう無神経さとか、不器量なイワナガヒメをないがしろにするとか、美点を見つけるのが難しい神様なのですが、まあ自分に正直で純粋だということにしておきましょう(☜偉そう…)

 

心願色みくじ

この後、心願色みくじ(500円)を引きます。

占うものにより4色に色分けされた烏森神社独自のおみくじ。

おみくじ・願い札・願い玉の3点からなる。

赤(恋愛・良縁)

黄(金運・幸運・商売)

青(厄祓・仕事学業)

緑(健康家庭)

専用書き処にて同色のペンで願い事を記した後結び紐に付ける。

この願い札は後日、神職により心願成就祈願が行われる。

今回は健康祈願なのでを選びました。専用コーナーに移動します。

f:id:yumenoko:20210503163903j:plain

 おみくじは「中吉」でした。可愛い緑色の願い玉もついています。

同色(緑色)のペンで願い事を書こうとして、手が止まりました。

「ちゅうせいしぼう」って、どういう漢字だったっけ?中性○肪までは思い出せたんですが、「し」が出てきません。悩みつつ私が札に書いた願意は…

中性肪、コレステロール、体重が減り、健康に過ごします。

 後でスマホで調べて、慌てて「脂」と上書きし、「しぼう」とルビも振っておきました。というか、書く前に調べなさいという話ですけれど。

頭の健康も願ったほうが良かったかな。神職さんが祈祷してくれるとはいえ、ちゃんと神様に届くか一抹の不安が残ります…。

f:id:yumenoko:20210503165130j:plain

緑の願い札は、緑色の紐に結びます。色分けされていて、可愛いですね。

f:id:yumenoko:20210503165242j:plain

願い札を書く部屋が3か所くらいあるのですが、皆可愛らしい。「サラリーマンの聖地・新橋」にこんなおしゃれな神社があるとは。(ひなまつり限定の可愛い御朱印領布される時期は、長蛇の列ができるそうです)。プロデュース力、すごいですね。

 

御守

f:id:yumenoko:20210503165325j:plain

御守も種類が豊富です。こちらは「癌封じ」の御守も有名みたいですね。

「幸運の鈴守 天鈿女命守」に惹かれたのですが、今回はやめておきました(最近、御守持ちすぎなので少しセーブしないと)。

f:id:yumenoko:20210503165742j:plain☜幸運の鈴守(Webより)

 

まとめ

もちろん、健康はまず自身で管理するものです。ただ、健康診断でひっかかっても不具合なく過ごせる人もいれば、まったく異常がないのに突然倒れる人もいる。努力だけでなく、運による部分もありますので、そのあたりをお願いしてきました。

ちょいメタでも数病息災でも、日々支障なく過ごせることに感謝しています。

 

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代女性日記へ
にほんブログ村