面白がって ご機嫌に生きる

快適なモノや場所を選び、いつも機嫌よく過ごしていたら、運と勘が強くなりました。どこまで楽しんで暮らせるか、日々実践中です。

何よりも、ご機嫌な自分でいてほしい。

f:id:yumenoko:20210531202558j:plain

はらぺこあおむし」のエリック・カールさん。

日本のこどもたちに、こんなメッセージを送ったという。

忘れないでほしいのは

楽しむこと

遊ぶ時間をつくること

そして自分でいること!

どれも生きるうえで欠かせないことだ。こどもに限らず、おとなにも。

逆に、楽しめず、遊べず、自分を見失っている人ばかり増えている。

そればかりか、その人たちは幸せをつかもうとせず

「楽しく遊び自分でいる」人たちを罵倒し、自らの泥濘に引きずりこもうとする。

 

不幸菌、不機嫌菌を増殖させたがるひとは、

コロナウィルスよりも厄介で脅威だ。

 

他者の課題に干渉しない、飲み込まれない。

汚染されそうになったら、早目に逃げる。

自分を守れるのは、自分だけ。

「幸せな自分でいる」ことにだけ責任を持つ。

 

不機嫌ウィルスに感染しないよう、

ますますご機嫌力を高めていこう。 

 

幸せな自分でいること。

それが私の水無月の抱負。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村