面白がって ご機嫌に生きる

快適なモノや場所を選び、いつも機嫌よく過ごしていたら、運と勘が強くなりました。どこまで楽しんで暮らせるか、日々実践中です。

高幡不動尊のあじさい祭り

高幡不動尊の紫陽花を観に行きました。

・・・常々思っていたのですが、高幡不動尊は本当に商売っ気がないのです。もちろんいい意味ですけど。Webサイトを見ても、開花状況なんてものは掲載されていません。

www.takahatafudoson.or.jp

Googleの口コミを参考に「多分ほぼ見頃だろうな」と見当をつけました。下旬になると、おそらく暑くて動きたくなくなるでしょう。少しでも陽射しが柔らかい時期に出かけたかったのです。

今回は、花写真の掲載記事で文章少なめです。

f:id:yumenoko:20210613182224j:plain

f:id:yumenoko:20210613182253j:plain

f:id:yumenoko:20210613182308j:plain

f:id:yumenoko:20210613182326j:plain

f:id:yumenoko:20210613182343j:plain

f:id:yumenoko:20210613182403j:plain

f:id:yumenoko:20210613182430j:plain

f:id:yumenoko:20210613182455j:plain

f:id:yumenoko:20210613182513j:plain

f:id:yumenoko:20210613182537j:plain

f:id:yumenoko:20210613182554j:plain

f:id:yumenoko:20210613182615j:plain

f:id:yumenoko:20210613182634j:plain

f:id:yumenoko:20210613182704j:plain

f:id:yumenoko:20210613182751j:plain

f:id:yumenoko:20210613182815j:plain

 

この後、鳴り龍を拝観したのですが、なんと!

あじさいまつり限定のお守りを取り扱っているではないですか。

f:id:yumenoko:20210613183315j:plain

しかし、鳴り龍拝観時には入手せず、あれこれ考えてから、宝輪閣に移動してからひとついただきました(ちょっとお守りが飽和状態なので。でも高幡さんに喜捨したい気持ちが勝ちました)。

f:id:yumenoko:20210613183535j:plain

今回いただいたあじさい守りです。一番丈夫で汚れにくいものを選びました。

 

もう一度公式サイトのお守りページを確認したのですが、あじさいまつり限定守り始めました」的なものはどこにも見当たらず…それ以前に干支の置物写真がいまだネズミのままですね。

まあ…あまりカネ、カネ、集客!PR!と血眼にならないところが高幡不動さんの魅力です。

神社仏閣もプロデュース力は必要だと思うんですよ。人が集まらなければ、経営が苦しくなりますからね。だから新企画を次々と打ち出す神社仏閣も、もちろん応援しています。

しかし、昔ながらの手法をあまり変えず、カネと集客に執着しないにも関わらず、常に多くの参拝者が集うというのも、ある意味すごいことです。

ここのお不動さんには、それだけの魅力、ご利益は確実にありますけどね。

高幡不動参拝歴が四半世紀越えの私が保証します。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村