面白がって ご機嫌に生きる

快適なモノや場所を選び、いつも機嫌よく過ごしていたら、運と勘が強くなりました。どこまで楽しんで暮らせるか、日々実践中です。

穴八幡宮の金運財布と株価の連動

昨日の記事に 「6/22に株価が上昇したら一陽来復財布の話を書きます」と予告したところ、本当に上昇した。 

先週、一陽来復財布に対し失礼な扱いをした。以降ずっと私の資産額が減り続けたので「こいつはいかん」と反省し、昨日正しい使い方に戻したのである。そうしたら、今日はかなり資産額が回復した。因果関係は…多分偶然だろうが、ちょっと面白く感じたので、つらつら記事にしてみようと思う。

金運アップで名高い穴八幡宮 

神社に行く目的は人それぞれだと思うが、「金運アップ」を狙うなら、多くの人が「ご利益がある」と押しかけるところがおススメだ。

八幡宮は面白い神社だ。Webサイトもない。御朱印やお守りデザインが華やかなわけでもない。散策できるほどの広大な土地があるわけでもない。

しかし「金運アップのご利益」がすさまじいことで有名だ。口コミが口コミを呼び、毎年冬至から節分までの期間中、多くの人が押し寄せる。この時期限定のお守りをいただくためだ。

f:id:yumenoko:20210622195503j:plain

半年前の冬至(12/21)にいただいたもの。画面左のお守りを、所定の作法に倣って自宅に貼ると、金運が爆上りするといわれている。その他、山吹色の一陽来復財布と、懐中守りをいただいた。

f:id:yumenoko:20210622200751j:plain

ちなみに昨年12/21(月)冬至の穴八幡宮はこんな感じ。コロナ禍の平日でもこの混雑。冬至が土日にかかると、行列が鳥居の外までのびるらしい。

f:id:yumenoko:20210622201015j:plain

お守りをいただき、参拝を終えて約1時間。例年、3~4時間待ちも珍しくないというから、早くいただけたほうだと思う。すごい人気。ご利益も期待できそうだと思った。現に、神社に多額のお金が引き寄せられているではないか。お金に縁がある場所であることは間違いない。

f:id:yumenoko:20210622201604j:plain

私は霊感はあまりないのだが、ここでお参りしている最中、急に全身の血行が良くなり、身体がぽかぽかしてくる感覚をおぼえた。あ、多分自分と相性がいい神社だ。歓迎されている。そう思った。

布袋(ぬのぶくろ)の代用にしたばかりに・・・

さて、先週の話。

職場のロッカーに歯ブラシセットを置いている。紙袋に入れていたが、だんだんしわしわになってきた。そろそろ適当な布の袋に入れよう、そう思って家の中を漁ったのだが、あいにく断捨離人ゆえ手ごろなものがない。

ふと「あ、一陽来復財布がちょうどいい大きさだ」と思いついた。今思うと魔が差したとしか思えない愚行なのだが、中に入れていた通帳を取り出し、歯ブラシセットを入れてみた。ぴったりだ。そのまま歯ブラシ入れにしてしまった。

それが6/16の話。そこからずっと株価が下落。週末あたりにもしかすると一陽来復財布を粗末にしたせい?と引っかかるものを感じた。

6日間で生活費3~4か月分くらいの資産減となったため、6/21の夏至に歯ブラシセットを出して、長財布を入れ「粗末に扱ってごめんなさい」と撫でてみた。

そうしたら、なんだか財布がぽかぽかするのを感じた。冬至参拝時に感じた、あの熱量。うん、多分大丈夫。翌日にはだいぶ株価が上昇し、貯蓄も持ち直すだろう。なんとなくそんな気がした。

そうしたら、6/22に予想どおりの展開になっていた、というわけ。

財布を誤用した本当の理由は

さっき「歯ブラシセットを入れるぬのぶくろを探していた」と打ったら「布袋を探していた」と変換され、少しびっくりした。

ほていを探していた、と読めたから。

f:id:yumenoko:20210622204556j:plain

実は、穴八幡宮には布袋(ほてい)さんが祀られている。

f:id:yumenoko:20210622204714j:plain

探していた布袋はここにあったのかも。不思議な感慨がわいた。

 

そういえば、最近は穴八幡宮にお参りしていない。もしかすると、財布の誤用は魔が差したのではなく「お参りしなさい」という、神様からの撒き餌だったのかもしれない。

6月中にお詫びとお礼に伺おう。まもなく夏越の大祓だ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
100均で布袋を買いました