スローライフでご機嫌に暮らす。

思いつくまま、気の向くままに、よしなしごとを綴っています。

港区の愛宕神社(ほおづき市 千日詣り)

6月24日は愛宕神社へ千日詣り。

f:id:yumenoko:20210624183741j:plain

【千日詣り ほおづき縁日】

6月23日~24日この両日に社殿前にしつらえた茅の輪(ちのわ)をくぐりお参りすれば千日分の御利益(ごりやく)があると昔から信仰され、境内で自生してていたほおづきを飲めば子供の癇・婦人病に効くと言われていた。
現在はお祓い済みのほおづきを受けると特別に社殿の中で本人もお祓いしてくれる。
ほおづき市と言うと浅草が有名だが、もともと愛宕神社から始まったもの。蛇足ながら羽子板 市も当社が発祥。
その賑わいは平岩弓枝氏著「犬張り子の謎」にも記されている。

公式サイトのこの太字。浅草寺への対抗心がメラメラしていますね…。

 

f:id:yumenoko:20210624181358j:plain

www.atago-jinja.com

f:id:yumenoko:20210624174937j:plain

茅の輪をくぐり、穢れを祓います。

 

f:id:yumenoko:20210624180946j:plain

参拝。たくさんの人が並んでいるから手短に。

 

f:id:yumenoko:20210624181034j:plain

末社へ。

左(太郎坊社。サルタヒコ)

中央(福寿稲荷社。ウガミタマノカミ)

右(恵比寿大黒社。オオクニヌシコトシロヌシ

改築されてから、初めての参拝になります。

f:id:yumenoko:20210624182047j:plain

弁天池。

f:id:yumenoko:20210624181830j:plain

鯉に餌をやると金運がつく!と聞いてから、いつも餌やりしています。

(冬場は禁止)

ここの鯉は人懐っこくて、餌を投げる前から寄ってきます。

f:id:yumenoko:20210624182408j:plain

社務所

6/23・24限定の災難除け守りもありましたが、手持ちのお守りが飽和状態なので、今回は控えました。既に「金色のカード勝守」と「祓いの鈴」を持っているし。

それより縁日の主旨にならい、ほおづきをいただかないと。

例年、社務所でほおづきを領布しているらしいのですが「コロナ禍のため、今年は駐車場でお分けしています」とのことでした。

f:id:yumenoko:20210624182757j:plain

スタッフのお兄さんに「ビビビときたものを選ぶといいですよ」と言われたので、最初に目に入ったものをいただきました。

f:id:yumenoko:20210624182925j:plain

2,200円。お兄さんから「ほおづきを持って、お参りしてください。並ばずに茅の輪をくぐってください。中でお祓いをしてもらえます」と言われたので、ちょっとテンションがあがりました。そういう仕組みだったのか(Webサイトに書いてあったのに気づかなかった)。

最初の参拝時より行列が長くなっていましたが、それを尻目に拝殿に入ります。

愛宕神社には何十回と参拝していますが、拝殿内部に入ったのは初めてです。

宮司さんに玉串で身体を祓っていただき、すっきりしました。

2,200円でほおづきをいただいた上、お祓いを受けられるなら安いなあ。

 

f:id:yumenoko:20210624183741j:plain

 二度参り後に、ご神猫のシズちゃん発見!まるで繭玉みたい。よく眠っています。

f:id:yumenoko:20210624184122j:plain

サラリーマン(多分お偉方)が挨拶している横で、シズちゃんぐっすり。

経営者にも人気の神社です。

f:id:yumenoko:20210624184247j:plain

シズちゃん、気持ちよさそう。

f:id:yumenoko:20210624184400j:plain

シズちゃんに逢えた日は、だいたいイイことがあるので嬉しい。

 

参拝後、5分以内に車ナンバー222、999、888、3333を目撃。

たくさん歩いたからか、体脂肪率もけっこう落ちたし、良い日でした。

 

(余談)この後、とげぬき地蔵にも参拝(24日はお地蔵さんの縁日)。

f:id:yumenoko:20210624185205j:plain

f:id:yumenoko:20210624185229j:plain

 

24日限定の過ごし方をしました。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村