面白がって ご機嫌に生きる

快適なモノや場所を選び、いつも機嫌よく過ごしていたら、運と勘が強くなりました。どこまで楽しんで暮らせるか、日々実践中です。

「息子には大出世を!」熱血ママは猪突猛進。

愛宕神社ほおづき市)の余談です。

larisa.hateblo.jp

石段で遭遇した、ある女性のインパクトが強烈でした。

ほおづき市よりも、新職さんのお祓いよりも、印象深い出来事だったのです。

愛宕神社「出世の石段」

 f:id:yumenoko:20210627193324j:plain


愛宕神社には、出世の石段という40度の急な階段があります。

由緒

徳川家光愛宕山に咲き誇る源平の梅を見て「馬にてあの梅を取ってまいれ」と命令しましたが、誰もこの石段をのぼる馬術を持ち合わせていません。そこへ一人の男が現れ、この石段を馬で駆け上り、梅を折りとり、戻ってきました。男の名は曲垣平九郎。平九郎は、その馬術の腕に感心した家光から「日本一の馬術名人」とたたえられました。 

 このことから、出世の石段を「休みなく一気に上り詰めると出世する」「運気が上昇する」という都市伝説もあるようです。

石段の段差がすごい

f:id:yumenoko:20210627193624j:plain

40度の傾斜。しかも、この階段はけっこう段が高い。高さは22~24センチくらいで、感覚的にはエスカレーターほどの段差があります。一気に86段をのぼるのはかなり気力・体力が必要なので、私は疲れているときは愛宕神社には行きません。

エレベーターや、ゆるい傾斜の女坂もありますが、石段を通って参拝したいので。 

お帰りは石段を使いませぬように

f:id:yumenoko:20210627194245j:plain

上からみた出世の石段。降りると運気が下がると言われていますが、真偽のほどはさておき、降りることはお勧めしません。見てのとおり、万が一足を踏み外したら…とても危険だからです。

f:id:yumenoko:20210624181358j:plain

降りる時は女坂がおススメ。ただし私は、NHK放送博物館の前を通り、愛宕神社を時計回りに坂を下って帰るのが好きです。若干遠回りですが。

千日詣りで出逢った熱血ママ

熱血ママの激励に次ぐ激励に…

6/24の千日詣りの出来事です。

出世の石段を前に、呼吸を整えている私の後ろで若いお母さんが「いい、ゆっくりでいいからね。最後まで止まらずにのぼるのよ」と子供に声をかけていました。子どもの年齢は、推定5歳。

…5歳児?あの坂は早いんじゃないか?

子どものことは気がかりでしたが、私も石段をのぼり始めます。「ゆっくりでいいのよ」「がんばれ~」「もう少しだから」「はい、止まらない、止まらない」「大丈夫、歩こうね」4時の方向から、お母さんの激励の声が絶え間なく聞こえます。

本当はのんびりゆっくり、休み休みのぼろうと思っていたのですが、なんだか煽られている気分になり、足を止められなくなりました。

見ると私の前をヨロヨロのぼっていた初老のご夫婦も、熱血ママの「止まってはいけない」が伝染したらしく、(疲れを軽減するべく)手すりにすがりつつ一歩一歩進んでいます。

熱血ママの影響力というか、感染力というか・・・おそるべし。

おかげさまで私も86段を手すりにつかまらず、ノンストップでのぼることができました。

しかし…。

坊やの反応は

「やったあ、○ちゃん!将来大出世だよ!がんばったねえ!」喜色満面のお母さんの横で、件(くだん)の坊やは、最上段に達した瞬間、しゃがみこんで「痛い~…」としゃくりあげました。

そうだよねえ。オトナの足でもかなり腿を上げないときつい86段。

それを休みなくのぼるのは、5歳児には酷だよね。

 坊やがその後泣きじゃくりながら「おんぶぅ…」とねだったため、お母さんが背負ってあやしていました。

いや、おんぶであやす年齢の子には、あの段差は絶対早い。手足がのびた年齢になってから、挑戦させれば充分だと思うけれどなあ。

坊やをおんぶするママよりも、ママの愛と期待を背負っている坊やの方がいろいろ重そう。坊や、負けないでね。

運気アップは軽やかに

「石段をのぼる=出世」ではありません。私は5年前から、毎回石段をのぼっているけれど、早期退職していますもの。ははは。

でも退職前より今の方が、時間的にも金銭的にも楽になっているので、出世はともかく総合的な運気アップは見込めると思います。 

しつけや教育、危険行為の禁止など、今やらないと後で苦しくなる、取り返しがつかなくなることなら、子どもが泣いて嫌がっても導く話だけど、…こういうのはアソビですから。

深刻にひたむきに行うものでなく、軽やかに楽しんだほうが良いものなんです。

f:id:yumenoko:20210627145945j:plain

おまけ。☝ほおづき市でいただいた鉢植え。白い花が咲きました。

 

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

私は坊やの股関節が心配