スローライフでご機嫌に暮らす。

思いつくまま、気の向くままに、よしなしごとを綴っています。

秩父ぶらぶら散歩(あめ薬師、今宮神社、聖神社など)

7月8日に秩父へ行きました。

慈眼寺

慈眼寺は、西武秩父駅から徒歩5分程度。

この日は「あめ薬師」の縁日。雨が降ることが多いそうです。7月8日が晴れの年は、秩父夜祭が大雨になるとか。

晴れ率およそ93%の私ですが、小雨が降っていました。7%の雨率バンザイ。

(夏のお出かけは、小雨の方が嬉しいですね)

 

f:id:yumenoko:20210718093812j:plain

本堂

f:id:yumenoko:20210718094349j:plain

お線香50円。お供え用に、電熱器に入れて着火しました。

年季が入った電熱器がレトロ感を醸し出しているのに、「支払いはペイペイでもOK」というところが・・・時代ですね。

f:id:yumenoko:20210718094549j:plain

本堂の装飾がすばらしい!

八阪神社もそうでしたが、埼玉県の神社仏閣の装飾は、瞠目するものが多いですね。

f:id:yumenoko:20210718094850j:plain

こちらがあめ薬師こと「薬師如来」。例年のお祭りでは、ぶっかき飴を売るお店が列を為すらしいのですが・・・静かです。

f:id:yumenoko:20210718095019j:plain

こちらで、眼茶を購入することに。

f:id:yumenoko:20210718095124j:plain

「ご祈祷済み」の眼茶と、薬師あめ、それと小さな「あめ薬師」のお守りをいただきました。「おんころころせんだりまとうぎそわか」という薬師真言つきです。

 

秩父今宮神社

ここから、歩きで秩父今宮神社に向かいます。2度目の参拝。

f:id:yumenoko:20210718095740j:plain

茅の輪をくぐり、厄災消除を願います。

f:id:yumenoko:20210718095826j:plain

八大龍王が祀られている千年欅。皆がしきりに枝の上を気にしているので「何がいるんですか?」と聞いたら、アオバズクが佇んでいるとか。

f:id:yumenoko:20210718100239j:plain

よく見たら、ちんまりと枝にとまっていました。可愛い。

この千年欅にはハートの虚があり、それを見つけるとイイ事があるらしいのですが、2回とも見つけられず…でもアオバズクを見られたから、満足です。

ハートの虚は、阿豆佐味天神社参拝で見つけたし。

 

f:id:yumenoko:20210718100803j:plain

今宮神社の池の水は、とても澄んでいます。こんなに透明度が高い池は、あまり見かけません。私が記憶している範囲では、今宮神社と、新宿の抜け弁天くらいかなあ。

 

今宮坊

今宮神社から歩いて1分もかからない今宮坊にも足を延ばします。

f:id:yumenoko:20210718101506j:plain

輪廻塔(写真右)をまわすと、生者は最高の幸せを得るそうなので、くるくる回します。

本堂には、聖観世音菩薩、不動明王、飛天が祀られていました。

 

f:id:yumenoko:20210718101437j:plain

こちらは勢至菩薩。亡くなった母が午年なので、午年本尊の勢至菩薩に後世安寧をお願いしました。

 

秩父鉄道あれこれ

秩父神社に行こうかなと思ったのですが、例によって道に迷ってしまい、徒歩10分程度のところで辿りつけません。これは呼ばれていないのかも、と頭を切り替え、「御花畑駅」から「和銅黒谷駅」まで出て、聖神社に向かうことにしました。

ところが。芝桜駅は発見できたのですが、御花畑駅にたどりつけません。

西武秩父駅まで一度戻り、そこから御花畑駅を目指します。

f:id:yumenoko:20210718102349j:plain

それで気づきました。

 

f:id:yumenoko:20210718113914j:plain

芝桜駅御花畑駅だということに!方向音痴にはまぎわらしいっ!!

 

f:id:yumenoko:20210718102552j:plain

芝桜(御花畑)駅はレトロな雰囲気。懐かしい。

f:id:yumenoko:20210718102629j:plain

秩父鉄道は、suicaが使えないので、全部切符です。このレトロ感がいいなあ。

それにしても、昭和の駅員さんは「路線内の運賃」をすべて記憶し、乗客が差しだす切符をすべて黙視し、キセルの有無を瞬時に判断していたのだから…すごい。

 

聖神社

和銅黒谷駅から、徒歩5分程。

f:id:yumenoko:20210718103844j:plain

いかにも金運アップな黄色いのぼり。気分があがります。

f:id:yumenoko:20210718104004j:plain

この階段で、小さな頑張り屋さんに出逢います。

f:id:yumenoko:20210718104053j:plain

でんでんむし。トンボやかたつむりは、前進あるのみで一歩も退かないところから、吉兆とされています。しかもこのとき、垂直のかなり難しいところをのぼろうとしています。きっとラッキーの象徴に違いない、うん。

f:id:yumenoko:20210718104324j:plain

聖神社。日本最古の流通貨幣発祥の地です。銭神さまのご利益もあらたかで、ここに参拝してから、宝くじの高額当選を果たした、という人も多いのだとか。

f:id:yumenoko:20210718104545j:plain

御神木。皆が触れるから赤剥けしていますね…。個人的に、樹に触れると傷むので、やらないほうが良いと思っています。

――「金運向上を願い、御神木に5円を差し込んできました!」という口コミもありましたが、それは絶対やめたほうがいいですね。私なら、例えば爪と皮膚の間にむりやり小銭を差し込まれたら、痛くて憤るもの。

f:id:yumenoko:20210718105017j:plain

賽銭箱右の、打ち出の小づちを振って、お参りします。

和同開珎のお守りが欲しかったのですが、種類が多くて目移りしました。

f:id:yumenoko:20210718105157j:plain

こちらをいただきました(500円)。見る角度によって、2匹のムカデが浮かび上がります。ムカデと言えば、神楽坂の善國寺の「ひめ小判守」にも描かれていましたね。

larisa.hateblo.jp

ちょっと不思議な話なのですが、聖神社参拝後、善國寺のムカデ守りだけが、財布から飛び出していました。他のお守りや小銭類は微動だにせず。

ムカデ同士、何か惹かれあったのでしょうか…。

 

和銅遺跡

参拝後、次の電車の時間までおよそ45分。聖神社から徒歩10分程度の、和銅遺跡に向かうことにしました。

f:id:yumenoko:20210718110037j:plain

雨が濡れそぼる緑の道は美しい。しかし、山道はきつい…。マスクの中が汗みどろになります。

はっ!

私はなぜたった一人でマスクを着用しているんだ!(気づくの遅い)

マスクをむしり取り、深呼吸しながら歩みます。やっぱり気持ちいい。

f:id:yumenoko:20210718110255j:plain

到着!銭のまるみは天を、四角は地を表しているそうです。

f:id:yumenoko:20210718110342j:plain

その近くにあった標本。

f:id:yumenoko:20210718110512j:plain

和銅採掘後の川。

このあたりは、さくっと眺めて帰ります。

f:id:yumenoko:20210718110801j:plain

和銅黒谷駅のモチーフ。

 

 

まとめ

行き当たりばったりのぶらぶら歩きでしたが、楽しめました。

出かけてから10日ほど過ぎると、だいぶ記憶が薄れてきます。掲載できなかった名所もたくさんあるので、ぜひ公式サイトなどでご確認くださいませ。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村