面白がって ご機嫌に生きる

快適なモノや場所を選び、いつも機嫌よく過ごしていたら、運と勘が強くなりました。どこまで楽しんで暮らせるか、日々実践中です。

「ハコヅメ」の泰三子さんは、とにかく仕事が早い

「ハコヅメ」。口コミどおり、面白かったです!

f:id:yumenoko:20210821080735j:plain

警察官時代に似顔絵捜査に携わっていたものの、漫画はあまり読んだことがなく、そもそも漫画家になろうと思ったわけでもないという泰三子さん。

「しょうもない人たちが警察官をやっているんだと伝えたくて、漫画を描いた」と。

でも物語の作り方、ギャグセンス、何より人の心に訴える力が半端なくすごい。これが才能というものなのか…とつくづく思いました。

いや、漫画家になりたくて漫画三昧の生活をしていても、描けないひとはたくさんいるのですよ。なのに、漫画の描き方を10日ほどみっちり勉強して、これだけのものを書いてしまうのは、やはり尋常ではない。

f:id:yumenoko:20210819220818j:plain

文字を見ただけでも、几帳面な人だとわかりますが、やはり仕事の段取りはきっちりとしているらしい。

乳飲み子を抱えているので、編集さんが「作画は別の人に任せますか」と尋ねたところ「自分ですべてやりたい」と押し切ったらしいですね。

 

こういう人と、仕事をしたかったな・・・!(私は時間にルーズな人、課題を先送りする人、周囲に気を配れない人は苦手なのです。仕事が早い人、打ち返しが早い人が好き)

 

 

日経ビジネスより引用

タブチさん(編集さん)の泰さん評がすごい。

タブチ:いや、皆さんはきっとそんなにすいすいといかないと思います。どうして早かったかというと、とにかく泰さんはお仕事が速いんです。

描くのが速いってことですか?

タブチ:いや、描くだけでなくて、すべての反応がです。お電話で打ち合わせをして「分かりました、これで描いてください」となったとしますよね。新人さんの場合は、打ち合わせをした後、1週間ぐらいで絵コンテが出てくればいいかな、と思っているんですけど、泰さんの場合は、夜に打ち合わせをすると翌朝の6時ぐらいに送られてきちゃうんですよね(笑)。

タカハシ:それは本当に速い。

タブチ:今でもそうなんですが、こんなにどんどんどんどんネームが来ると、もう他の仕事で忙しいとか言っていられない、早く返事をしなくちゃみたいな、もうその日に返事をしないと申し訳ない。

本当ですね。

:お忙しいのにいつもその日か翌日かに必ず返事をくださるので、あ、すごいなと思って。

いや、それはたぶん泰さんのプレッシャーに堪えかねているんだと思います。

タブチ:堪えかねていますね。今は週刊連載ですから、全然時間をむだにできないんですけど、代原(別の連載が落ちた場合に臨時に載せる原稿)の時代から、泰さんには「その日に返事しなきゃ」という感じはありますね、連載開始前から。

:あ、早く返事をくださるんだと思ってすごくありがたかった。

タブチ:めちゃくちゃ進行はいいですね。

 

タブチ:ちなみに、11月15日に「これは参考になりますよ」という技法書を送ったら、翌日に「読みました」とお返事が来ています。

わあ、すごい。

:いや、もちろんマスターはしてないですけど、何となく知識だけは学んだぞというご報告を。

その、何というか、「前のめりさ」というのは泰さんにとっては当たり前のことなんでしょうか、それとも何かそのときはすごいテンションが上がってやったんでしょうか。

:いえ、スピードが、平均が分からなかったので、「言われたことは翌日までには、やっておくのが当たり前だ」と思っていました。

タカハシ:社会人として。

:社会人として。少なくとも、元の会社(=警察)の感覚では、言われたことを朝の決裁であげられないというのは、「ちょっと仕事が遅いね」と評価されるんじゃないかと。

翌朝ですか。

:上司が決裁を始める時点までに、ラインに乗せることが必要だから、やっぱり朝かなと思って。編集部の人が昼から出勤するというのも知らなかったですし(笑)。

タカハシ:ああ。

やっぱり、できる人はタイミングを逃しませんね。才能があるだけでなく、すごく勉強熱心で時間の使い方がうまい。

昔の職場を思い返しても、ものすごく有能な妊婦さんもいれば、どんなに指導しても仕事を放置し続けた50男もいましたね(見かねて周囲が手を出した)。

 

泰さんのこのセリフが好き。

:モーニングで連載ができるんだったら辞める価値があるというか。これも申し上げましたけれど、私は警察官としては全然優秀じゃなくて、普通の地味な仕事をずっと定年までやっていくんだ、と思っていたんですけど、ただ自分にやれることがあるんだったらそっちをやったほうがいいのかなと。ちょっとうまく言えないんですけれど。

身分保障のある、安定した給料をもらえる職業を惜しげもなく放棄し、「自分のやりたいこと、やれることを優先したい」とすぱっと転身し、そこで力量を発揮していくところが好きです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

高橋留美子さん、吾峠呼世晴さんといった少年誌の女性漫画家さんに共通することですが、裸身や下ネタ系を描いてもいやらしくならないんですよね。「ハコヅメ」は性犯罪の話や下ネタ系のきわどい話もかなりあるんですが、ぜんぜん卑猥な感じがしない。

多分「人間を描こう」というのが最初にあるからかもしれませんが。