面白がって ご機嫌に生きる

快適なモノや場所を選び、いつも機嫌よく過ごしていたら、運と勘が強くなりました。どこまで楽しんで暮らせるか、日々実践中です。

ミニマム暮らしにこだわらず、座椅子を買う。

実は我が家にはソファもベッドもない。椅子もない。

どんな住まい方かといえば『めぞん一刻』の音無響子さんのような、和の暮らし。

 

ソファセットの代わりに、こたつと座布団。ベッドでなく、お布団。

床面積が小さくなるのが嫌なのと、掃除が面倒くさくなるのと、手入れが大変なのとで、あまり家具を持たないようにしていた。

 

しかし、最近足の痛みが出るようになった。やはり椅子はあったほうがいいだろう(現在、風呂椅子しかない)。

そこで、和の暮らしから洋の暮らしに少し変えていくことにした。

 

私が目指すのは「心地よい暮らし」「快適な暮らし」。必要なものがあれば、もちろん買い足したり、買い替えたりもしていく。要らないものが占拠するのも好まないが、必要なものがなくて健康を損ねるのもまずい。

 

item.rakuten.co.jp

 

f:id:yumenoko:20210919134306j:plain

座椅子を買ってみた。汚れを拭き取れるよう合皮にした。

しかし、膝のあたりが上に向いているのが気になる。

 

f:id:yumenoko:20210919134435j:plain

説明書によれば、頭部、腰部、脚部は角度を変えられるはず。

だが、Cの脚部だけはどうしても動かないのだ。

 

f:id:yumenoko:20210919134839j:plain

👆モデル写真の形にしたくて奮闘したのだが、どうしてもこうならない。

 

f:id:yumenoko:20210919135012j:plain

この形では、こたつに入るときに不便。

 

f:id:yumenoko:20210919135100j:plain

こうひっくり返せば、使えないこともないけれど。

 

f:id:yumenoko:20210919135142j:plain

一度伸ばして、何度も押したり引いたりを繰り返したら、すっかり汗をかいてしまい、首にあせもまでできる始末。しかし、整体に通うほど節々が痛む私が、なぜ椅子の整体に躍起になっているのだろう…。

 

最後には壊れても破けてもいい覚悟で、全体重をかけて蹴飛ばし、殴りつけたのだが、まったく角度が変わらなかった。

 

不良品なのか「最初は固いだけ」なのかはわからないが、このまま使ってみよう。

座り心地は悪くないし、返品手続きが面倒なので。

 

それにしても汗びっしょり。

家トレになったと、前向きに考えようかな。

 

 

明日は、彼岸の入り。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ