面白がって ご機嫌に生きる

快適なモノや場所を選び、いつも機嫌よく過ごしていたら、運と勘が強くなりました。どこまで楽しんで暮らせるか、日々実践中です。

彼岸の入り。墓参はせずに…

今日から彼岸の入り。両親の墓参をするつもりだったが、足底が痛むこともあり、実家の仏壇に合掌するだけにとどめた。

f:id:yumenoko:20210920211900j:plain

あまり墓参りが好きではない。遺骨に魂は宿っていないと思うからかもしれない。

亡骸はセミの抜け殻のようなもので、大事なものはもう自由闊達に何処かへ飛翔しているはずだ。躍動する魂が、二度とまとうことのない古着に頓着するとは思えず、正直、墓参のたびに「何に対しての儀式なのだろう」と少し不思議に感じている。


今回は弟に「花とお供えを用意するから、仏壇前で思い出語りでもして、それで供養にしよう」と持ち掛け、快諾を得た。

 

私は墓参の時にあまり両親に語りかけることをしない。此岸を濁世だと思っているので、あらゆる煩いから解放された魂を引っ張りたくないのだ。退職した社員を古巣に入り浸らせるような、そんな逆行はまったくお勧めできない。

彼岸は片道切符で進むものだ。

そのかわり、寺社で「先祖代々の御霊をお守りいただき、ありがとうございます」と祈っている。

 

 

彼岸のうちに高幡不動尊参拝はするつもり。

 

www.takahatafudoson.or.jp

 

9月20日現在、高幡山の彼岸花は7~8部咲きらしい。

 

 

f:id:yumenoko:20210918175109j:plain

どこからでも祈りは届くと思うので、信頼できる寺社にて御霊安寧を願おう。

11月22日の萬燈会(御仏に七難即滅・七福即生並びに先祖浄福を祈願する法要。五重塔で行われる)の申し込みをするつもり。

墓に行かなくても、祈りの気持ちがあれば供養はできる。

 

🌸   🌸   🌸

 

 

f:id:yumenoko:20210920214522j:plain

昨日の日記で取り上げた座椅子ですが、こたつでも使えるように整形しました。

コメントくださった皆様、ご心配をおかけし失礼いたしました。

ありがとうございました!

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
9/21は8年ぶりに「中秋の名月」で満月