スローライフでご機嫌に暮らす。

思いつくまま、気の向くままに、よしなしごとを綴っています。

ゴッホ展ー響きあう魂 ヘレーネとフィンセント

ゴッホ展。初日(9/18)の一番早い時間に観てまいりました。

世界最大のゴッホ作品収集家「ヘレーネ」

f:id:yumenoko:20210923191601j:plain

ヘレーネ・クレラー・ミュラー

イングリッド・バーグマンを思わせる、凛とした美貌の女性ですね。

ヘレーネ・クレラー=ミュラー(1869-1939)は、1907年から近代絵画の収集を始め、実業家の夫アントンの支えのもと11,000点を超える作品を入手しました。彼女はファン・ゴッホの作品に深い精神性や人間性を感じ取り、多くのファン・ゴッホ作品を購入していきます。そして、世界最大のファン・ゴッホ作品の収集家となり、1938年にクレラー=ミュラー美術館を開館し、初代館長に就任しました。長年の夢を実現した翌年、ヘレーネは70歳でこの世を去りました。

彼女がゴッホの精神性に惹かれ、収集し展示しなければ、現在のゴッホ人気はなかったでしょう。ゴッホとヘレーネが邂逅することはありませんでしたが、互いの運命を変えたという意味で、やはり魂が響きあっていたのだと思います。

 

結婚25周年のサプライズプレゼント

f:id:yumenoko:20210923192629j:plain

特に印象に残ったのが《悲しむ老人(永遠の門にて)》。

もともとヘレーネがこの絵をとても気に入っており、複製画を大事に持っていました。それを知った夫アントンが、結婚25周年のお祝いとして、サプライズで原画を購入し、ヘレーネにプレゼントしたのだとか。

そのときの喜びを「世界一の真珠で作られた最高の首飾りを贈られても、私はこんなにも喜ばないでしょう!本当に幸せです。ありがとうアントン!」と夫への手紙に綴っています。

妻の嗜好を考え、一番喜ぶものをこっそり準備する夫。手放しで喜ぶ妻。

素敵なご夫婦ですね。

 

この絵にまつわる温かなエピソードが気に入って、絵葉書を購入しました。

…しかし「《悲しむ老人》を観ると、心がほっこりするんだ」と他人に話したら、どんなサイコパスだと誤解されそう。

 

スペシャル番組「ゴッホ展開催記念SP」

TBS 2021年9月25日(土)16:00~16:30

ゴッホ展開催記念SP ~浜辺美波と辿る天才画家の軌跡~」が放送されます。
ゴッホ展のアンバサダーを務める女優の浜辺美波さんがストーリーテラーで出演。
ゴッホの生涯を辿りながら、本展の魅力を紹介していただきます!

公式サイトより。録画予約しました。

 

気になる絵画展(自分用メモ)

美術展めぐりが大好き。すばらしい絵画展が各所で開催され、本当に秋を感じています。コロナ禍で「絵画の来日調整」も難しかったと思うので、本当に関係者の方々に感謝しきり。

開催中。実は渋谷が苦手なので、チケットを取るか逡巡しています。体調が悪い時にあの交差点を渡ると、妙に疲れるというか憑かれるというか…。

下野紘さんのナビを聞きたい気持ちはありますが。

 

好きな画家ばかり。これは観たいですね!

 

フェルメールの絵は必ず観にいきます。これも楽しみ。

 

これも行きたいですね。都美では観たい展覧会が目白押し。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村