スローライフでご機嫌に暮らす。

思いつくまま、気の向くままに、よしなしごとを綴っています。

不眠症と更年期

セミリタイア後に20年以上付き合っていた不眠症と、すっぱり縁が切れた、という記事を以前書いた。

larisa.hateblo.jp

 

思えば不眠症時代、いろいろなことを試してみた。レタスの芯を食べると寝つきが良くなると聞き、やってみたが、全然眠れなかった。

f:id:yumenoko:20210925081346j:plain

「玉ねぎを刻んで、枕元に置くとぐっすり眠れる」と聞き、これも試してみた。フットワークが軽いのが私の取柄。手軽にできることは何でもやってみる。

…眠れるどころか、玉ねぎ臭くて寝付けなくなり、即処分。やる前に気づけ自分。

 

セントジョーズワートやホットミルクや体操や、眠くなる暗示やヒーリングミュージックや、心を落ち着かせる本や…いろいろ試したが全然眠気が訪れる気配はなかった。

 

発想を転換し「海外旅行では時差ぼけせずに、現地時間で動けるからラッキー」と考えるようにした。

 

 

森田療法の権威、大原健士郎先生の本が好きで、一度ファンレターを出したことがある。我ながらよく書けていたためか、3日後にお返事をいただいた。

大原先生は、こんなことを書かれていた。

眠れないときは、起きていることです。

そのほうが人生も長くなりますよ。

 

 

3年前、退職して1週間もしないうちに、薬を飲まずに安眠できるようになったことに驚いた。やっぱり仕事や人間関係のストレスが半端なかったのだ。

対処療法ではなく、原因を根本から断ったことで、私の不眠症時代は幕を閉じた。

 

🌸   🌸   🌸

 

このまま不眠症と縁が切れるだろうと安心しきっていたのだが、最近眠れなくなってきた。これはストレスというより「更年期」によるものだろう。

最近の私は、涼しい日でも頻繁に発汗しているし、身体のあちこちが痛いし(特に足)、体重が増えてあちこちがタルタルしてきたし、若いころからの物忘れがますますひどくなっている。自律神経がだいぶおかしくなっているようだ。

しかし、大抵の女性が通る道なので、特に悩んではいない。むしろ「今までの嫌な記憶も霞んできたし、気楽に生きられてラッキー」くらいの軽さでとらえている。無理がきかない年齢なのだから、身体にあわせた暮らしを続けようと思っている。

 

取り合えず寝付けない日は、「ハコヅメ」を読み返したり、面白動画を観たり、駄文を書き散らしたり、いろいろやってみてそれでも駄目なら、眠剤に頼ることにしている。

 

何かの本に「睡眠時間が6時間以下の状態が続くと、寿命が縮まる」と書いてあったように思うが、別に長寿は望んでいない。それにたっぷり寝ていても早逝する人もいる。

 

眠りの質や時間や寿命に拘泥しすぎてストレスを溜めるよりも、与えられた時間を最後まで楽しみたいと思う。

 

 

今週のお題「眠れないときにすること」

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村