面白がって ご機嫌に生きる

快適なモノや場所を選び、いつも機嫌よく過ごしていたら、運と勘が強くなりました。どこまで楽しんで暮らせるか、日々実践中です。

『鬼滅の刃』の堕姫は沢城みゆきさん!(単なる雑感)

鬼滅の刃』映画のテレビ放映後に、堕姫を演じるのは沢城みゆきさん、と発表されましたね。

コミックを読むとき、堕姫だけは沢城さんの声で変換していたので、イメージぴったりですごくうれしいです(ネットでも沢城さんを推す声が高かったようですね)。

f:id:yumenoko:20210927202646j:plain

堕姫は、妖艶美女で残酷で傲慢で幼くて無垢で染まりやすく、甘えん坊で我儘で…といろいろな顔を持っているので、やっぱり幅広い演者である沢城さんでしょう!

あの声に罵られたいと思っているファンも結構多いようですし。

www.youtube.com

幼女、妖女、赤ちゃん、少年、青年と、彼女一人でアニメは成立するんじゃないかと言われるくらい、演技の幅が広いですもんね。

すごいのは、同じ妖艶美女系統でも、少しずつ演じ方を変えていること。峰不二子はやや媚びた声、荒川UBのマリアはかなり精神的にいっちゃっているテンションで、賭ケグルイの桃喰会長は冷徹で隙がなく、サイコパスの志恩はタバコを吸い過ぎたような崩れたガラガラ声ーー。

その上、鬼太郎やクラピカなど冷静な少年も、神原駿河のようなやんちゃ少女も、のほほんとしたワカコもすべて違和感なくはまる。すごい声優さんですね。

 

🌸   🌸   🌸

 

鬼滅の刃』に今後どんな声優さんが出てくるのか楽しみです。

個人的には黒死牟は「品があって、重厚で、圧倒的な強さがあり、卑屈な雰囲気も醸し出せる」ということで、杉田さんの声をイメージしていたのですが、もう岩柱を演じているので可能性ゼロ。

岩柱(杉田さん)と対峙するときに、より一層の重厚感を出せる声優さんを期待しています。

 

 

作品を選ぶとき「話」「絵柄」「声」「演出」などさまざまな要素がありますが、私は結構「声優さん」で選ぶほうかもしれません。録画していた『コクリコ坂から』を観ようとして3分でやめた理由は、声の演技に違和感があったから。

楽譜と楽器がすばらしくても、演奏者に難があるとその音楽を聞き続けられないように、やはり声優さんの力は大きいですね。

 

🌸  🌸  🌸

 

先日の『無限列車』のテレビ放映ですが…なんで煉獄さんが永遠の眠りについた瞬間、CMに切り替わり、煉獄さん(日野さん)の軽快な声が鳴り響くのでしょう?

昔、こんなことがありました。所ジョージ出演の戦争ドラマで、彼が戦死した場面の直後。CMに移り「め~いじ、とかちっち、スライスチーズぅ(明治十勝スライスチーズ)」と死んだはずの所さん(役柄)が元気よく踊り出したのです!

今回の鬼滅で、あの時の衝撃を思い出しました。確かあの後も、テレビ局に批判の声が殺到していたと記憶しています。

昔も今も、CM挿入のセンスはないですね。いくら無料でも、もう少しましな切り方がありそうなもんですが、敢えて放映に不満を与えて、DVDを買わせようという戦略なんでしょうか。

 

av.watch.impress.co.jp

とりあえず、10月10日の完全新作を楽しみにしています。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村