スローライフでご機嫌に暮らす。

思いつくまま、気の向くままに、よしなしごとを綴っています。

ノーベル物理学賞受賞 真鍋叔郎氏〝日本の同調圧力が苦手”

真鍋叔郎さんのコメントが話題になっている。

f:id:yumenoko:20211010140615j:plain

記者の「国籍をアメリカに移した理由は?」に対する、真鍋さんの回答。

(中略)

日本人は、仲良しだろうか?個を滅して調和しているため表層上は穏やかだが、真の意味では仲がいいようには思えない。

多分、この発言は全体的に諧謔に満ちている。頭の良い真鍋氏が「相手がどう感じるかを忖度し配慮しつつ」語ったものだろう。

この痛烈な皮肉に、ネットでは共感の声が広がっているし、私も行き過ぎた同調圧力は苦手だが――こうも考えた。この発言を「不登校の学生」「引きこもり中高年」が発したら、周囲はそれこそ同調圧力をかけて非難するのだろう、と。

そこに、ミルグラム効果(権威への服従原理)が働いていると思う。

言葉は「誰がどんな状況で発したか」で名言にもなるし、戯言にもなる。

 

🌸   🌸   🌸

 

もうひとつ思ったのが、本格的な断捨離の時代が始まったのだな、ということだ。昔は「親に感謝し、母校に感謝し、会社に感謝し、祖国に感謝し、そこにとどまり恩義をもって奉公する」ことが美徳とされたが、今は合わない環境から軽やかに離れ、好ましい人生を歩むことへのハードルが下がりつつあるのだろう、と。

真鍋さんが渡米した当時よりも、追い風が吹いている。

 

 

真鍋さんの素敵な奥さまが、こんなことを言っていた。

「たった一度の人生ですもの、楽しまなくちゃね」

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村