スローライフでご機嫌に暮らす。

思いつくまま、気の向くままに、よしなしごとを綴っています。

縁切榎のすごいご利益。職場の問題が一気に解決?

先週末は、職場の人間関係で少し鬱々とし、同僚と愚痴で盛り上がってガス抜きをしていました。鬱々とし過ぎて、生き方その他を見直したり、来し方行く末を案じたり。

 

ふと「こういうときこそ、縁切榎に行こう!」と思い立ちました。

larisa.hateblo.jp

 

larisa.hateblo.jp

 

寒い日曜日。小雨がぱらついているので、こんな日はそんなに参拝者はいないだろうな…と思っていたのですが、予想に反し先客が2人もいました。若い女性たちが傘をさしつつ懸命に絵馬を書いています。

邪魔にならないようにすばやくお願いをしました。

職場の人間関係、病の根、トラウマ、その他すべての悪縁を断てますように。

軽やかに地球卒業できるよう、日々楽しく過ごせますように、と。

 

f:id:yumenoko:20211018201228j:plain

参拝者がいたので、当日は撮影していません。これは夏の写真です。

 

🌸    🌸    🌸

 

一夜明けた今日。

何だか職場の苦手な人が、妙にご機嫌というか優しいのです!先週と今週で、態度が大違い。いったいどんな心境の変化が?と首を傾げましたが、ああ多分、縁切榎のご利益なんだろうなと思いあたりました。

過去記事でも何回か書いていますが、本当に「即効性」があって「確実に」願いを叶えてくれる神様なのです。

 

祀られている第六天は「欲界」で最高位の天魔。欲を餌にお釈迦様の悟りを妨害しようと画策したことで有名です。そんなところから「悪者扱い」されている気がしますが、生きる上で欲はなくてはならないもの。

金も欲も、そこに善悪はありません。両方とも人間が生きる上で必要なものなのに、変な色眼鏡でみるからややこしくなるんです。

 

六天は「生きる上での欲を満たし、幸せになってほしい」と願う神様。決して悪い存在ではありません。もちろん「欲」を憎み、「我慢・忍耐・不幸」を好む人には敬遠されると思いますが。

 

あまりに願い事が叶うので、余程のことがないと願掛けはせず、大抵は「病や人間関係のトラブル、悲しい記憶を遠ざけてくださり、感謝します」とお礼にとどめています。

今回はお願い事をし、結果一日で人間関係のトラブルが緩和したので、近いうちにお酒を携えてお礼参りに伺うつもりです(ご神木にお酒を振りかけると、神様が喜ぶそうです)。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村