スローライフでご機嫌に暮らす。

思いつくまま、気の向くままに、よしなしごとを綴っています。

忘年会、新年会は「積極的に参加を」 山形県の対応に唖然。

山形県鶴岡市が職員に対し「忘年会や新年会に積極的に参加を」と呼びかける文書を出したと聞き、唖然とした。

経済を回すためという理由らしいが、それを「忘年会」「新年会」の半強制的参加の形で出すとは!「ワークライフバランスを徹底しましょう」でとどめればいいのに、パワハラの気配すら感じる。

 

news.yahoo.co.jp

 

この山形県のずれまくりの呼びかけから、数年前の上司を思い出した。

着任した後に、何を言い出すかと思えば「社員同士のコミュニケーションが不足しているようだから、飲み会を積極的に行うべき。もし家庭の事情があって残れないというのなら、昼休みにチーム全員でのランチミーティングを定期的に開催しろ」。

これが業務改善?時間外拘束が真っ先に着手すること?

唖然としたので無視することに決めた。ときどき「まだランチ会を開催してないの?」「早くやってほしいんだけど」とうるさくつついてきたが、最後まで従わなかった。これを業務命令だといわれても困る。

f:id:yumenoko:20211022082030p:plain

 

昼休みは自由に休憩するための時間。友達と食事したい人もいれば、ひとりで食べたい人、仮眠したい人、運動したい人、読書したい人、さまざまである。それを尊重せず、半仕事モードで縛り付けるのは、本当に意味不明。疲れが取れないじゃないか。

保育園児なら「仲良くするために各種イベントを行いましょう」もわかるが、嫌な上司に命令され、しぶしぶ参加した会で参加者同士が仲良くなれるとも思えない(そもそも、仕事が回らないほど不仲ではなかった)。よいオトナたちを「仲良くさせるため」画策しろというのも理解不能。私は保育士ではないぞ。

当時のスタッフが「上司がうるさいから、一度だけランチ会しましょうか」と気遣ってくれたが、面倒くさいので放置していいよ、とスルーした。

上意下達に何でも従わなければというのは、本当に悪しき風習だと思う。

 

f:id:yumenoko:20211022163049j:plain

👆一緒に飲んだくらいで、かみ合う訳ないよねえ。ひたすら共感。

 

山形県職員の方々の中にも「なんでそんなアホらしいことに付き合わないといけないんだ」と思っている人は一定数いると思う。それにこの件で外部からクレーム電話もだいぶ入っているだろうし…いろいろお気の毒だ。

職場の飲み会は楽しいから参加するというより、そこで組織への忠誠心を試している面もある。

 

「経済をまわすなら、親しい知己と行いたい。時間外の拘束は勘弁してもらいたい」の声がつぶされないよう祈るばかりだ。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村