スローライフでご機嫌に暮らす。

思いつくまま、気の向くままに、よしなしごとを綴っています。

早期退職で得たもの「価値観の変容」など

3年前の10月末日で退職し、現在は週3日だけ働くセミリタイア生活を送っています。(出勤は9月まで。10月は有給消化をしていました)

同時期にリタイアされた方がおっしゃっていましたが、3年を経てようやく新しいスタイルが定着してきた感があります。

f:id:yumenoko:20211024073135j:plain

早期退職で得たもの

大事だと思い込んでいたものは、実は手放してもどうということはない。もっと良いものが手に入る好機なのだ――と実感しました。

価値観の話

価値観はがらりと変わりました。まず、無駄な我慢や忍耐を自らに強要しなくなりました。そして比較の世界で生きることもほぼ放棄しています。嫌な飲み会や形骸的なお付き合いも断捨離したので、人間関係のストレスは大幅に減りました。

後、世間一般で「正論」とされることを疑う癖がつきました。そのほうが生きやすいからです。

自分を尊重するように、他者の価値観を侵害しないというのは、子どもの頃からの信条です。ですが「自分は尊重されたいけど、他者が勝手をするのは許さない」と特に悪影響を及ぼすわけでもない人を腐す輩は、まだまだ多いように感じます。特に日本は「同調圧力」が正義面して闊歩するお国柄。

他人様に多大な迷惑をかけない限り、好きに生きていけばいいのですけどね。

f:id:yumenoko:20211024063617j:plain

『FIREー最速で経済的自立を実現する方法』より

多分、ほとんどの人は「そんなこと言ったって、誰でも嫌いなことを我慢して生きているんだよ!」と「いち抜けた」の住民を冷ややかに糾弾するのでしょうが、「人生の貴重な時間を、嫌なことばかりに費やさない覚悟」は必要だと思います。少しストレスのある仕事や、家計のやりくりが楽しい方、悩むのが好きな方もいますからね。

みんなが「同じ形の好き」を有してはいないので、多分それぞれが好きなことを極め、互いを責めずに機嫌よくいれば、世の中はもっと明るくなると思うんですけど。

自由な時間

自由時間を使い、読書、花散歩、神社仏閣めぐりなどを楽しんでいます。コロナ禍のおこもり期間中に、少しだけアニメにも詳しくなりました。「自己を向上させるよう勉強などに使うべき」「他人様から推奨される時間を生きねばならぬ」のような、ねば・べき論から解放されているため、非常に気楽に楽しんで過ごしています。

お金の話

自由な時間が手に入るかわり、収入は激減して爪に火を点すような生活になるかも…と悲観的なプランも当初は考えていたのです。一応最悪のパターンを考えて動いたほうが、その後の動揺が少なくなりますから。

しかし、意に反して退職してから貯蓄のスピードはアップ。これは退職後に始めた積立投資の成果によるものです。現在、投資額だけで45.63%の資産増。もちろん投資は資産減の時期もあるので、バランスを考えて行っていますが、うれしい誤算でした。

まとめ

若い頃は、パワーと時間はあるがお金がない。

働き出すと、お金は増えてくるが、時間がなく、パワーも落ちてくる。

退職後、お金と自由時間が手に入るが、パワーがなくなってくる。

 

旅をするときに、いつもこの言葉を反芻していました。

旅行には「パワー(体力や好奇心等)、時間、お金」の3つのバランスが大事。

この中で唯一増やせるものはお金ですが、時間だけはどうにもなりません。

パワーは努力と運で多少は維持できますが、やはり年齢とともに目減りします。

 

🌹   🌹   🌹

 

人生も「旅」そのものだと思っていますので、自身の「パワーと時間とお金」の現時点バランスを考慮しつつ、常に楽しむ方向へ舵取りしてくつもりです。

 

振り返るとセミリタイアを通じて、自分の人生を(パワー、時間、お金のバランスを含め)手中に取り戻した感じがありますね。

やはり3年前に思い切って退職してよかったと、今は心から言えます。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村