面白がって ご機嫌に生きる

快適なモノや場所を選び、いつも機嫌よく過ごしていたら、運と勘が強くなりました。どこまで楽しんで暮らせるか、日々実践中です。

自己啓発書の読み方・情報との付き合い方

昨日の記事にコメントやブクマをいただき、ありがとうございます。

温かい反応をいただけると励みになります。感謝、感謝。

 

larisa.hateblo.jp

 

さて、もしかするとお気づきかもしれませんが、記事で取り上げた『DIE WITH ZERO』は未読です。ほとんどのブロガーさんは読んでから記事にまとめるのでしょうが(図書館に予約を入れていますがまだ23人待ちです)ダイアモンドオンラインの記事を読んで、思ったことを書き連ねてみました。

 

🌸   🌸   🌸

 

以前、ある書籍に「自己啓発書は全部読むことはない。目次だけ目を通せば事足りる」と書いてあったので、真偽を突き止めたく、何冊かで試したことがあります。

  1. 目次だけ読んで内容を推量
  2. ページをめくって大見出しだけ拾い読み
  3. 全部のページを読み込む

どの本においても、1の段階と3の段階とを比較して得た情報や理解度は、ほとんど変わりませんでした(当私比)。

 

これは別に特殊なことではありません。

あるブロガーさんが「退職後に投資を始めた。毎朝株式ニュースを視聴し、投資本を片端から読破し、FP2級を取得し、一日中株のことばかり考えていた。しかし、今はまったく情報を集めなくなった。投資関連本は読まなくても、何が書いてあるか推測できる」と語っていましたが、…ある程度パターンが見えてくれば(この系統の本は)読む前に内容を察することができるんですよね。

 

f:id:yumenoko:20211120211119p:plain

 

学校で教える「読書の基本型」をおろそかにするつもりはありません。全文を読み込み、作者の意図を正確に推し量ろうとする、それも大事ですが、啓発本は著者の思惟を理解し、感化されることよりも、それをヒントに自分で考え行動につなげていくものだと思うのです。

 

むしろ啓発本の収集家・批評家になって、何かをやった気になるほうがまずいと個人的には思うので、あれは軽く読み流せばいいんじゃないか、と考えています。

 

🌸    🌸    🌸

 

diamond.jp

 

「DIE WITH ZERO」は昨日の記事と、上記記事だけで大体さわりは掴めた感じ。

 

以下、ダイアモンドオンライン記事から抜粋。

人生を豊かにするために、私たちが心に刻むべき9つのルールを紹介します。

【本書のもくじ】
ルール1――「今しかできないこと」に投資する
ルール2――一刻も早く経験に投資する
ルール3――ゼロで死ぬ
ルール4――人生最後の日を意識する
ルール5――子どもには死ぬ「前」に与える
ルール6――金、健康、時間のバランスを最適化する
ルール7――やりたいことの「賞味期限」を意識する
ルール8――40~60歳に資産を取り崩し始める
ルール9――大胆にリスクを取る

ルール1~9について。

作者の意図と異なりますが、3は「旅立つときにはゼロになる(あの世には何も持っていけない)」ということを日々意識しています。

5の「子ども」は非該当ですが、生きているうちにお世話になった人に何かしら還元していきたいと考えています。

8の「資産の取り崩し」は未達成。記事中に「退職者の3分の1が退職後に資産を増やしていた」とありましたが、私もその中のひとり。多分40代くらいから、貯めこむことに専念せず、人生最後の日を意識して良き経験を積むことにシフトせよ、という主旨だと思うので、そういう意味なら、大体このルールは踏襲していることになります。

 

ということは、図書館から回ってきても、今の私にはあまり役立ちそうもないか…。

 

🌸    🌸   🌸

 

ちなみに、youtubeもあまり丁寧に見ないほうです。体操や音楽は標準モードですが、トーク、啓発系、ニュースなどは大抵1.5~2倍速で視聴しています。

時間の節約というよりも、このほうが集中できるし頭に入るんですよね。

youtube3分以上は長いと感じる私…)

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村