面白がって ご機嫌に生きる

快適なモノや場所を選び、いつも機嫌よく過ごしていたら、運と勘が強くなりました。どこまで楽しんで暮らせるか、日々実践中です。

紅葉と温泉とパワスポと――近場での楽しみ。

紅葉を愛でたいと思いついた。しかし、どこも混雑している。高尾山のTwitterを見ると「渋谷のスクランブル交差点レベルの激混み」とある。人混みは苦手だ。

都内で紅葉が美しく、あまり混んでいなくて、できたら付近に温泉かスパがあって、欲を言うなら神社仏閣も近くにある、そんな条件をクリアしたスポットはないだろうか。

 

――なさそうに見えて、探してみたらあるものだ。

そんなわけで「六義園→染井温泉SAKURA→巣鴨とげぬき地蔵」というコースをまわってきた。

六義園

都営地下鉄線「千石駅」から徒歩10分。入園料300円。

www.tokyo-park.or.jp

平日は予約なしで入れるように変更されていた。嬉しい。

f:id:yumenoko:20211125182828j:plain

家を出たのが遅かったので、到着は12時少し前。

 

f:id:yumenoko:20211125182928j:plain

藤代峠からの眺望。

f:id:yumenoko:20211125183013j:plain

のんびり遊ぶ水鳥。

f:id:yumenoko:20211125183118j:plain

のんびりとくつろぐ猫。カメラを向ける前まであっちを向いていたのに、撮影の瞬間、寝返りを打ってくれた。

f:id:yumenoko:20211125183234j:plain

水鏡に映る紅葉や建物も明瞭。出かけるときは、いつも好天。

 

f:id:yumenoko:20211125183347j:plain

赤や黄色の色さまざまに…という歌詞が浮かぶ。散歩していた方が「ちょっと紅葉の赤が足りないかな、もう少し紅葉が進むといいなあ」と話していたのが耳に入ってきた。

でも、紅蓮の樹ばかりだったら目が疲れると思う。いつも自然は完璧なバランスで存在している。

 

f:id:yumenoko:20211125183737j:plain

池の中央にある岩に、白い鳥が佇んでいた。静謐そのもの。緑と青と白と、ほのかに見え隠れする赤と。本当に文句のつけようのない美しさ。

 

f:id:yumenoko:20211125183944j:plain

楽しそうに歩く人たち。

 

f:id:yumenoko:20211125184047j:plain

ネコや水鳥だけでなく、人々もゆったりとくつろいでいる。穏やかに楽しんでいる人たちを眺めるのも好き。

f:id:yumenoko:20211125184221j:plain

この樹何の樹気になる樹。アニメでこういう妖精がいなかったっけ…。ちょっとお腹が出ていて、短い脚でよちよち歩くキャラ。ぷくぷくの下腹をもつ、可愛い樹。

 

f:id:yumenoko:20211125184602j:plain

この樹もパワーがあったなあ。

 

f:id:yumenoko:20211125184639j:plain

あまり衆目を集めないものを、拾っていくのが好き。ひとつの目的だけで動いたり周りに合わせすぎると、他の素敵なものを見落とすから、いつも焦点はぼんやりと広げている。

 

f:id:yumenoko:20211125185010j:plain

入り口付近の竹林脇で。あまり人が来ない場所だったけど、とても綺麗な紅葉を発見。

 

f:id:yumenoko:20211125185233j:plain

 

ここから歩いて巣鴨駅へ(15分から20分程度)。昼食後、13:40のシャトルバスで染井温泉SAKURAに向かう。歩いても15分かからないが、バスに乗るのが好きなので。

 

染井温泉SAKURA

14:00前に到着!

f:id:yumenoko:20211125200309j:plain

カラフルなシャトルバス。運転手さんも感じが良かった。

 

f:id:yumenoko:20211125200351j:plain

www.sakura-2005.com

 

温泉やスパは、疲労回復の効果があるといわれるが、本当に疲れ切っていると行けないものだ。着替えや小物の準備。それを抱えての移動。帰ったら洗濯。意外と労力がいる。

この一連ができる気力があるので、まだまだ大丈夫だ。

 

平日なのに、それなりに人はいる。あちこちに沐浴ならぬ黙浴の文字が貼ってある。サウナには「黙蒸」という張り紙があったので、蒸篭(せいろ)の野菜のごとく、静かに蒸された。

 

巣鴨とげぬき地蔵高岩寺

シャトルバスで、巣鴨駅まで送ってもらい、その足でとげぬき地蔵へ。

f:id:yumenoko:20211125201259j:plain

少しずつ、夕刻の時間が近づいている。屋根の上がほのかに金色がかっている。

 

f:id:yumenoko:20211125201400j:plain

洗い観音。24日が縁日だったためか、綺麗なお花がお供えされていた。

 

まとめ

16:30頃に帰宅したら、ポストにご不在連絡票が入っていた。17:00までに連絡すれば、今日中の配達になるという。早く帰れて、本当に良かった。通知も無事に受け取れた。

 

遠出も良いが、移動時間と交通費と体力を節約できる近場も悪くない。六義園旧古河庭園、染井温泉、巣鴨大鳥神社とげぬき地蔵はすべて徒歩で回れるので、いろいろ組み合わせても面白いかもしれない。

半日くらいの外出だったが、結構のんびりと楽しめた。

 

f:id:yumenoko:20211125202250j:plain

今夜は、ネコのようにのどかに眠ろう。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村