面白がって ご機嫌に生きる

30万アクセスまで、ぼちぼちと雑感を綴っていきます。その後は、開店休業の予定です。

冬至に金運アップ!穴八幡宮「一陽来復守」のこと。

12月22日の冬至が近くなってきました。夜明けが遅く、夜の帳の下りるのが早くなっています。昔は、日が短くなるにつれ寂しい気分になりましたが、最近はワクワクしながら、冬至を待ちわびています。

 

冬至から節分にかけ、早稲田の穴八幡宮にて「一陽来復守」が領布されます。公式Webのないお宮ですが「お守りをもらってから金運がアップした」という口コミが膨大。

毎年大勢の人が訪れます。

 

2020年:冬至の境内

f:id:yumenoko:20211217081850j:plain

 

f:id:yumenoko:20211217081936j:plain

お守り授与のために並ぶ参拝者。蛇腹に並んでいます。

平日なのに、コロナ禍なのに、すごい人気。

 

f:id:yumenoko:20211217082122j:plain

拝殿参拝の列。

 

f:id:yumenoko:20211217082156j:plain

2020年に初参拝したのですが、神前に立った瞬間、全身の血が沸き立つように熱くなったのを覚えています。ここの神様はかなりパワーがあります。

 

ご利益があるから訪れるのか、皆が来るからご利益が増すのか――ニワトリとタマゴ論ですが、私は後者の説を取っています。地位、名声、名誉、財産、学歴、容姿。大多数の人に「価値がある」と認識されたから、価値を持ち、パワーアップしていくのです。

 

皇室に価値があるのも、国民がそう信じているから。

スターやアイドルがその地位にいられるのは、ファンがあってこそ。

 

よく昔話で「我を祀れば金持ちにしてやる」と持ち掛ける神様の話が出てきますが、さもありなんと感じます。人から認めてもらえないと、神様は本来の力を発揮できないんですよね。

 

つまり、(口コミだけで)毎年これほど多くの人が集まってくる穴八幡宮は、ものすごいパワーをもっているということになります。

 

f:id:yumenoko:20211217083224j:plain

根が張っているご神木。「値が張る=金運上昇」とみなしている方も多いとか。

 

 

 

ただし、ここのお守りは、祀るまでの手順がかなりメンドクサイです。

詳細はこちらの記事を👇

en-light.net

 

en-light.net

 

かいつまんで列挙すると

  • お守りをいただけるのは冬至から節分まで
  • 祀れるのは「冬至」「大晦日」「節分」のそれぞれ午前0時の3回のみ
  • 剥がれたら効力を失う(その場合はもう一度もらいにいく)
  • 正しい方角に貼らなければいけない(2022年は南南東に貼る)

 

つまり、冬至にいただかないと貼るチャンスは大晦日か節分の2回のみになってしまうわけです。個人的には、冬至の夜に貼るのが一番良いと思います。一年で最も日照時間が短い、つまり「明るさへの伸びしろが最大級にある日」だからです。

 

新月の願いと一緒ですね。一番暗い時期に開始するのが有効です。

 

f:id:yumenoko:20211217084615j:plain

2020年の冬至にいただいたもの。壁に貼るお守りは筒のように丸い形状をしているので、納札領布の際は茶缶に入れて運ぶつもりです。

(他の参拝者で、クッキー缶持参で来ている方がいましたね)

 

 

しかし…2022年の吉方位である南南東、家で祀れる場所がないんですよね。壁紙には貼れないし、収納扉にも張れないし…どう考えても換気扇の横にしか設置できない。

絶対落ちないように、1回で貼り付けてやる!と決意しています。

 

多分、この手順の煩雑さも人気の理由の一つだと思います。

f:id:yumenoko:20211217090513p:plain

『星の王子様』で「多くの時間と手間暇をかけた分、僕だけの特別な薔薇になったんだ」のようなセリフがありました。

 

手に入れるのも設置するのも、なかなかハードルが高いこの一陽来復守、無事に祀れた時には「自分だけの特別なもの」として、愛おしさが増してきます。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村