面白がって ご機嫌に生きる

2022年の夏、サラリーマン生活を卒業しました。生きているうちは快適に、旅立つ時は軽やかにをモットーに暮らしています。

半裸になってもスマホを手放せない女たち

昨年暮れ、箱根に遊びに行きました。

f:id:yumenoko:20220114203134j:plain

箱根神社(九頭龍神社)

 

帰宅後、ホテルの口コミサイトに投稿したのがこちら。

 

駅から近く、温泉も広く、接客も丁寧。料理も美味しく、とてもいいお宿でした。

ただ…これはホテル側の落ち度ではないのですが、脱衣所でスマホをいじっている人を3回も見かけました。ラインメッセージを送っている人、バッグに手を突っ込んで(一応周囲を気にしつつ)ラインメールしている人。お二人は荷物持参だったので、宿泊客ではないようでした。

一番ひどかったのが、身体にタオルを巻き、音を漏らしたスマホをいじっていた女性です。あの格好でオンライン通話しているのかと仰天しました。

脱衣所や温泉にカメラ機能のついたものを持ち込まないというのは常識で、きちんとロッカーに表示もあるのですが…お手数ですが、宿泊者・温泉のみ利用者問わず、フロントで利用時の注意を呼び掛けていただけないでしょうか。 殆どの方は言われなくてもわかっているのですが、一部のマナー知らずのために気持ちよく利用できないとすれば問題です。

これまでさまざまな宿に泊まり、いろいろなスパにも行きましたが、脱衣所でスマホいじりをしている光景を見かけたことはなく、かなりびっくりしました。ちなみに音声スマホを握っていた女性、他のお客様はみんな近寄らないようにしていましたね(うっかり映りたくないですからね)。

 

文章力はともかく問題点を明確化し、ホテルを責めずに改善策を提示している。まあまあよく書けていますね(自画自賛)。正直、ブログよりもアンケートのほうが断然書いていて楽しいのです。「伝えたい欲求が自分にあり」「伝えたい相手が明確であり」「どう展開すればいいか明瞭」だから。最近、ネタがあるのにブログを書きにくいのは、そのあたりにあるんだろうな…と自己分析してみました。

 

分析ついでにいうと、やっぱりホテルの対応不足はあると思うんですよ。最初の入浴前・入浴と、食事後の入浴前の計3回、スマホいじりを目撃するのは異常。こちらが思う社会常識を、相手が備えているとは限りません。掲示は各ロッカーに名刺サイズで書かれていましたが、ちょっと小さすぎるんですよね。相手の善性を信じすぎるのは、トラブルの元にもなります。

 

――昭和から平成ヒトケタくらいなら「非常識な人がいる」的投稿をすると「その場にいたあなたが注意すべき。みんなで声を掛け合って、社会を良くしましょう」という善性を信じ切った意見をする人がいましたが――最近は見かけなくなりましたね(良きことです)。

変に逆恨みされて盗撮されても怖いし、その場でトラブルに発展した場合、周囲のお客さんは「どちらが正しいか」を見ず、「いい加減にしてくれ」と思うものです。

電車内で「お客様同士のトラブルにより――」と放送が入ると、みな原因に思いを馳せませんよね。

こういう場合は、ホテルに任せるのが最善だと考えます。

 

昨日、さやの湯に行きましたが、当然脱衣所でスマホいじりをしている人はおらず、心底ほっとしました。

社会通念上の「当たり前」を求めるのも、なかなか難しいものです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村