面白がって ご機嫌に生きる

快適なモノや場所を選び、いつも機嫌よく過ごしていたら、運と勘が強くなりました。どこまで楽しんで暮らせるか、日々実践中です。

優先順位を見過(みあやま)たない

随分前の話になる。役所勤めの知人からこんな話を聞いた。公金を入れていた通帳に利子が付いた。それを適切に処理しなければならない。数ページにわたる資料を作成し、数日かけて多くの職員に決裁を仰ぎ、処理したその利子は7円。

 

f:id:yumenoko:20220119210942j:plain

 

コピー用紙1枚にも満たない額のため、用紙代、インク代、コピー代、光熱費、何より時間と人件費を膨大に費やしている。それに気づいたある職員が「なぜ当座預金を使わないのですか」と提言したのだという。

 

確かに1円であれ適正に処理すべきだろう。1円を笑うものは1円に泣くという喩えも否定はしない。ただし、本来なら避けられる業務に忙殺されているのに、何かを遂行した気になっているなら問題である。

 

昨今のコロナ対策を見ていると、何が何やらよくわからない。優先順位がかなり奇妙だ。7円のために貴重な人件費等を無駄にしている役所仕事を髣髴する。

交通事故を無くすためにマイカーを持つのはやめましょう、医療事故を防ぐために病院に行くのをやめましょう…的な極論に感じる。指先の小さな切り傷に慌て「止血せねば」と頸動脈を絞めているような印象すら受ける。

要因は、コロナではなくおそらく人為的な対応によるものだ。「憎むべきはコロナ」と唱えているうちは、多分何も解決しない。

 

感染拡大してはならないものは、絶望と脅威と閉塞感だ。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村