面白がって ご機嫌に生きる

快適なモノや場所を選び、いつも機嫌よく過ごしていたら、運と勘が強くなりました。どこまで楽しんで暮らせるか、日々実践中です。

平家物語に巡り会う

長谷川町子さんが平家物語の名文にはまり、何度も再生した結果、自分のテープがラーメンのように伸び切ったので、姉・鞠子さんの出かけている隙にこっそりダビングして繰り返し聞いていた、という話は「サザエさんうちあけ話」で読みました。(真正面から「貸して」というと断られる姉妹関係だったのは、何となく察せられる)。

平家物語は、本当に名文ですね。冒頭文は諳んじていますが、声に出すと一層恍惚としてしまいます。そして世界観も深い。

 

アニメ化される、しかも声優が非常に豪華ということで、Amazonプライムで2話視聴しました。

 

f:id:yumenoko:20220120190057j:plain

確かに声優が豪華過ぎる…。

 

見ていて何だかこみ上げるものがありました。日本人のDNAをくすぐられるというか、茫漠とした懐かしさや切なさ、儚さを感じるんですね。

 

結末は知っているのに、こんなに楽しみな作品も久しぶり。PVを見ただけでもウルウル来てしまう…。

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

もう一度、平家物語を読み直そう。

主演の悠木碧さんが「好きなものがひとつでも増えれば、ハッピーになる」とおっしゃっていましたが、本当に古典に再会できて幸せです。

 

――子供時代に読んだときは、清盛の臨終の描写があり得なさすぎ、と突っ込んでいましたね。高熱で誰も近寄れない、冷水に身体をひたすとあっという間に沸騰する、水をかけると黒煙が立ち上る…ってアンタの身体は溶岩か!と。

あっち死にもアニメで描写するんでしょうか…。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村