面白がって ご機嫌に生きる

快適なモノや場所を選び、いつも機嫌よく過ごしていたら、運と勘が強くなりました。どこまで楽しんで暮らせるか、日々実践中です。

嘘のような感動の実話「ゴヤの名画と優しい泥棒」が楽しみ。

美術館めぐりが好きな私ですが、映画も好きです(学生時代は映研所属)。

ただ加齢とともに根気がなくなり、家で動画を見ているとすぐに気が散って別のことを始めてしまうこの頃。これではいかん。

集中力強化も兼ねて一度映画館まで行かねば。

 

ナイル殺人事件も心惹かれるのですが、今気になっているのが「ゴヤの名画と優しい泥棒」。

 

f:id:yumenoko:20220221213915p:plain

世界中から年間600万人以上が来訪する“世界屈指の美の殿堂”、ロンドン・ナショナル・ギャラリー。1961年、同所から“国宝”と称されるゴヤの名画「ウェリントン公爵」が盗まれた!

前代未聞の大事件の犯人は、ケンプトン・バントン(ジム・ブロードベント)、60歳。長年連れ添う妻(ヘレン・ミレン)、優しい息子(フィオン・ホワイトヘッド)とニューカッスルの小さなアパートで年金暮らしをする、ごく普通のタクシー運転手だった。

そんな彼は、イギリス政府に対し身代金を要求。脅迫状には「絵画を返して欲しければ、年金受給者のBBCテレビの受信料を無料にせよ!」と書かれていたが、なぜそんなことを要求したのか?

その背景にはケンプトンの“想い”が宿っており、さらに事件には“もうひとつの真相”が隠されていて……イギリス中を感動の渦に巻き込んだ、優しい嘘とは――?

(引用サイト)

happinet-phantom.com

 

興味ポイントはやはり「嘘のような感動の実話」「心温まるコメディ」「美術館ネタ」というところでしょうか。ジム・ブロードベントも久しぶり。

ムーラン・ルージュマーガレット・サッチャー鉄の女、ブリジット・ジョーンズの日記…いつも違う顔を見せてくれる素敵な俳優さんです。顔が丸くて目が綺麗な俳優さんで、結構好きなんですよね。

 

普通は見てから感想を書くのでしょうが、今回は備忘録として。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村