面白がって ご機嫌に生きる

快適なモノや場所を選び、いつも機嫌よく過ごしていたら、運と勘が強くなりました。どこまで楽しんで暮らせるか、日々実践中です。

特別展「宝石 地球がうみだすキセキ」

f:id:yumenoko:20220226180118j:plain

「宝石 地球がうみだすキセキ」展に行ってきました。

朝10時の回を予約し、10時を少し過ぎてから入館したのですが…かなり混んでいました。科学博物館が混雑していた記憶がないので、ちょっとびっくりしたのですが…

hoseki-ten.jp

f:id:yumenoko:20220226165948j:plain

f:id:yumenoko:20220226170008j:plain

そして、混んでいるだけでなく、人の流れも遅いのです。これは当然ですね。

絵画や彫塑は遠くからさらっと眺めて満足できますが、宝石や装飾品は近づいて細部までその形状を味わいたいですし、また展示物が繊細で小さいものが多いのです。どうしてもじっくり見たくなるし、掲示文を読みたくなるし、ガイドを聞けば動けなくなる。

更に会場は5章に分かれていますが、最後の5章と動画以外は撮影可能ときたもんだ。

さくさく人が流れるわけありません。係員さんが「なるべく最前列の人は動いてください」と声掛けするも、なかなか思い通りにはならないようです。

しかし、このあたりは日本人の思いやり文化というか「私もあなたもゆっくりじっくり見たいよね」という共通認識があるようで、皆さん穏やかに空間を共有していました。

 

f:id:yumenoko:20220226170615j:plain

金運が上がりそうなパイライト

 

f:id:yumenoko:20220226170638j:plain

要塞のようなマラカイト

 

f:id:yumenoko:20220226170731j:plain

アクアマリンやアマゾナイトの原石も迫力!

 

f:id:yumenoko:20220226170819j:plain

トルマリンの輝きがきれい

 

f:id:yumenoko:20220226170911j:plain

巨大アメジストドーム

f:id:yumenoko:20220225204617j:plain

高さ2.5mほどあります。

 

f:id:yumenoko:20220226171001j:plain

代表的7種の宝石カット

f:id:yumenoko:20220226171130j:plain

10種類の代表的なシェイプ(輪郭)

…こういう細かいものをじっくり見ていたら、人流が滞るのも無理ありません。

なるべく後ろの人を待たせないようにと思うけど、前の人が進まないので遅々として観覧を続けます。

f:id:yumenoko:20220226171400j:plain

 

f:id:yumenoko:20220226171445j:plain

 

f:id:yumenoko:20220226171506j:plain

ジルコニア(左)とクリスタル

f:id:yumenoko:20220226171607j:plain

綺麗なルビー。

※会場にはビジョンブラッドのルビーもありましたが、撮影に失敗。

f:id:yumenoko:20220226171721j:plain

ミャンマーカシミールスリランカの三大産地のサファイア

真ん中のものが特に深い輝きを放っていました。

 

f:id:yumenoko:20220226172211j:plain

グラデーションがかかったトルマリンが綺麗。

f:id:yumenoko:20220226172322j:plain

ルベライト(トルマリンの中でも特に赤いもの)がありました!

昔、ルベライトにすごく惹かれた時期があり、ブレスを買えないかな~と思ったのですが…何しろ石が希少で流通しない上、たまに見かけても7桁くらいするんですよね。

とても手が出せない夢の石でした。ここで会えて良かった!

 

f:id:yumenoko:20220226172935j:plain

正面のアズライト(濃い青の石)の美しさ、隕石衝突でできたモルダバイト(これはブレスとして一粒だけ所有しています。)、漆黒の艶が美しいオプシディアン(子供の頃一番好きだった石です)。この棚は私の郷愁を誘う石がたくさん。

 

f:id:yumenoko:20220226173402j:plain

帰宅後に気づいたのですが、スギライトチャロアイト、ラリマーの世界三大ヒーリングストーンが固めて陳列されていたのですね。ラリマーを見落としていました。

(多分「周囲への気遣い」と「展示物への集中力」が途切れてきたのだと思います)

 

約2000点の石が並んでいるから、そりゃ見落としも出ますよね。

 

f:id:yumenoko:20220226173907j:plain

ラブラドライトも大好きな石。玉虫色の光沢がとても綺麗です。

 

f:id:yumenoko:20220226174013j:plain

アンモライト。アンモナイトの化石ですが、この虹色の光沢が少しラブラドライトを髣髴します。見る角度によって色が変わるものが好きです。

f:id:yumenoko:20220226174247j:plain

サンゴと象牙

f:id:yumenoko:20220226174323j:plain

琥珀の温かみある色が好きです。中に虫が閉じ込められているのも、姿形の永久保存のようで不思議。

 

f:id:yumenoko:20220226174607j:plain

f:id:yumenoko:20220226174630j:plain

f:id:yumenoko:20220226174653j:plain

f:id:yumenoko:20220226174713j:plain

宝飾品も精緻のきわみ。

 

f:id:yumenoko:20220226174907j:plain

世界最大クラスの巨大宝石!これすべて本物なんですよね…。

 

最後の部屋は、撮影禁止。世界宝飾品コレクションアルビオンアートの紀元前3300年から20世紀までの芸術作品が並んでいます。

技術がなくて撮影できなかったけど「紫外線を当てると光る石」もきれいでした。

 

滞在時間…10時から12時15分。結構、長丁場でした。

 

🌸   🌸   🌸

 

f:id:yumenoko:20220226175349j:plain

ショップにて。星座別の守護石のコーナーが「欠品」になっていてびっくり!
まだ開会から1週間も経過していないのに…と思ってよく見ると、おうし座とおひつじ座がまだ少し残っていました。

 

f:id:yumenoko:20220226175606j:plain

やらない後悔より、やった反省。
買わない後悔より、買って反省しよう。散財しても経済がまわればいいじゃないか。

と壮大な言い訳を脳内で繰り返しつつ、牡羊座の守護石を買ってしまいました。二ノ宮知子さんの小冊子(会場でのみ販売)も一緒に購入。

 

f:id:yumenoko:20220226180151j:plain

石の楽しさを思い出したので、図書館から関連本を借りてきました。

写真を眺めつつ、リアルの輝きを追想しようと思います。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村