面白がって ご機嫌に生きる

快適なモノや場所を選び、いつも機嫌よく過ごしていたら、運と勘が強くなりました。どこまで楽しんで暮らせるか、日々実践中です。

命を粗末にしつづければ

f:id:yumenoko:20220311181918j:plain

3月4日以降、まったく見かけなくなったひなあられ。

賞味期限が切れたわけでも、味が落ちたわけでもないのに、多分誰の目にも触れられず打ち捨てられるのが悲しい。

 

「連鎖の法則」

△×…モノを粗末にすると、モノから粗末にされる

〇…モノを粗末にすると、さらにモノを粗末にすることになる

 

△×論を信じている人が多いが、「金を貸すと、次回相手に貸してもらえる」ではなく「金を貸すと、更に貸し続けることになる」のほうが一般的だ――と書けばわかってもらえると思う。

 

食べ物は「命」だ。

命を粗末にするのが当たり前になれば、

そういう人たちが地球の大多数を占めれば、

ますます「命を粗末にすること」が恒常化・一般化し、

拡大することになる。

 

ひなあられに限ったことではない。すべての食料、動植物、人の心身。

意識の端に置いて、粗略に扱わないようにしよう。

 

それが本来、当たり前のことなのだけれど…。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ