面白がって ご機嫌に生きる

快適なモノや場所を選び、いつも機嫌よく過ごしていたら、運と勘が強くなりました。どこまで楽しんで暮らせるか、日々実践中です。

突然、運が良くなった理由は?ドジを連発しつつの開運日

皐月初日はあまり好調といえなかったため、先行きに不安を持っていたのですが…何故か今日は打って変わって絶好調な一日でした。

整骨院にて

久しぶりに院長先生の施術。このところタイミングが合わず、他のスタッフさんにやってもらっていたのですが、やはり院長先生のほうが上手。(院長先生は、ムロツヨシさんに雰囲気が似ています。髪がモジャっとして、体型がややふくよかで、元気で優し気なところが共通。ちなみに顔は似ていません)

ムロ先生(愛称)は励ましや勇気づけの言葉が的確なので、元気をもらえるんですよね。私も見習おう。やはり「他者」から受ける影響は計り知れないので、なるべく「善き人」とかかわる時間を増やしていこう、と心に刻みました。

導きの社 熊野神社

GW中はどこも混んでいるので、混まないスポットを目指します。何のかんの言っても、家でじっとしているのは苦手。動いていないと運気が落ちるタイプです。

larisa.hateblo.jp

詳細は昨年のブログに書いてあるので、今回は簡単に。

元気よく泳ぐこいのぼりが圧巻です。しかも、混んでいないのが良い。

 

境内の厳島神社に弁天水が設置されていたので、銭洗いをしました。

昨日も小網神社水天宮に参拝したので、連日弁天詣でをしていることになります。ご縁があるのかな。弁天様大好きです。

で…洗った小銭をポケットにしまおうとして、気づきました。あるべきところに、ポケットがない!あれ?あれ?

そうなんです。実はワイドパンツを後ろ前に履いていたのです。ぎゃあ。ムロ先生も絶対気づいたよな~。恥ずかしい。

と思いましたが、まあ済んだことは仕方ない。誰かに迷惑をかけたわけじゃないし、自分ひとりが恥をかいただけだから、いいことにしよう。と気持ちを切り替えました。

道に迷うも…

熊野神社から、歩いて縁切榎に向かうことにしました。ただ一本道を北上すればいいだけなのですが、そこは筋金入りの方向音痴の私。なぜか北西に進み、ハッピーロード大山にたどりついてしまいました。

でも、商店街めぐりはけっこう楽しくて、珍しいお菓子や野菜も安く購入できたので、ラッキーでした。むしろ迷ってよかったくらい。たくさん歩けていい運動になったし。

私は自分のドジや方向感覚のなさを、然程嘆いていません。「他者を困らせない」範囲であれば、非ドジで方向感覚の良い人たちが出会えない景色に遭遇できて、けっこう面白いじゃないかと割り切っています。

――方向音痴ゆえ迷うこと前提で動くので、いつも約束の数十分前には現地に到着しています。だからこれは、欠点でなく長所かもしれない。

縁切榎参拝

若干遠回りしましたが、縁切榎に到着。長寿庵に入り、お蕎麦を注文し絵馬(千円)も分けていただきました。前回、絵馬を書いてから同僚の攻撃はだいぶ少なくなったので、効果はあると思います。今回はもう少し具体的な願いをと絵馬全面にびっしり書き綴ったところ、保護シールでは(一部の文字が)隠れないことが判明…。取り敢えず、自分の名前を隠すように貼りました。今日ドジが多い。

お酒を境内に少し撒いて、祈念してから絵馬を結びました。

ああ、すっきり。

長寿庵の方たちもいつもどおり優しくて、素敵でした。

図書館で読書通帳をいただく

この後、図書館に寄ったのですが、そこで「読書通帳」なるものをいただきました。

一冊ごとにメモをつけ、20冊まで記入できる。通帳がたまってくると文庫本カバーがもらえるのだそうです。図書館の本でなくてもいいので、読書家の人はあっという間に通帳が増えるのだとか。

うぉう!「最近もの忘れが気になる、脳トレしなきゃ」という私の願いが、こんな形で聞き届けられるとは!今日はなんていい日なんでしょう。

後ろ前を間違える意味は…

私は「運気アップ」を常に考えています。今日を振り返り、何が幸いだったのか…と思いを巡らせ、ふと「服の後ろ前を間違える意味」を検索してみました。

narunote.net

なんと!逆に着るのはラッキーサインなんだそうです!

意図せずに洋服を裏返しに着てしまうのは「かなりのラッキーサイン」と言われています。

(中略)

ありがたいことに、前後逆に着るも幸運が訪れる前触れだそうです。

(中略)

幸運のサインになるのは、あくまで偶然そうなってしまったときだけ。

わざと裏返しに着ても効果はありません。

 

たまにインナーや靴下を気付かずに裏返し着用していることがあるのですが、あれも吉祥だったのか!それで今日は良い日だったのか!

抜けててよかった。ドジ万歳!

まとめ

…真偽のほどはともかく、自分が快適であればいいのです。

今の自分にOKが出せれば、それが最善なのです。

今日はかなり楽しい出来事が続いたので、記憶が褪せないうちに記事に残すことにしました。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村