面白がって ご機嫌に生きる

快適なモノや場所を選び、いつも機嫌よく過ごしていたら、運と勘が強くなりました。どこまで楽しんで暮らせるか、日々実践中です。

千葉神社参拝メモ(5/4)と本日の雑感

5月4日に千葉神社に参拝したので、簡単なメモ記事を。

 

愛嬌のある狛犬さんがお出迎え。ずんぐりむっくりで、可愛い。

 

わが国初の、重層社殿(二階建て)です。壮麗…。

主祭神である北辰妙見尊星王(ほくしんみょうけんそんじょうおう)様は、天の中央を定位とする北辰(ほくしん=北極星と北斗七星)の御神霊であり、通称「妙見様(みょうけんさま)」とも呼ばれ親しまれています。
古来より妙見様は、諸星諸神・方位方角を支配する尊い星の王であると讃称されており、その絶大なる霊力を人間界に投射することによって人の星(=人の運命)や全ての方位・方角を守護掌握する神様であると伝えられています。
日本の神話を記した『古事記』の冒頭には「天地初めて開けし時に成りませる神の名は天之御中主神」とあり、天の中央を司る妙見様と天之御中主大神(あめのみなかぬしのおおかみ)様とは同一の神様であると考えられています。

(公式サイトより)

 

千葉天神。

ボケ防止!ボケ防止!と強くお願いしてきました。賢くなりたい、合格したいとかじゃなく、とにかく認知機能の維持・向上が関心事なのです。これ以上、物忘れがひどくなったら困る。

 

末社もたくさんありますので、一つ一つ拝んできました。

 

亀岩。左側が頭部です。撫でるとパワーがいただけるので、撫でてきました。

参拝者の皆さんもナデナデしていて、だいぶコロナ慣れしてきたなと思います。これに遺憾を表明する人もいるのでしょうが、イライラぴりぴりして過敏になるほうが、免疫力が落ちる気がします。楽しさを生活の中から放逐しないほうがいい、というのが私の考えです。

弁天社。

 

美寿之宮。

万物の恵の基であり、人間の生活に必要不可欠な「水」。
その水に関わる多くの龍神様・水神様を統治掌握する神様である水御祖大神(みずのみおやのおおかみ)様がお祀りされているのが「美寿之宮」です。

美寿之宮に参拝し、霊泉・延寿の井の水を一口頂く事で、各人に様々な寿(よろこび)が頂けるものと存じます。

お水をひとくちいただきました。以前は、感染対策で封鎖されていたので、しみじみありがたいなと思いますね。お水取りもできます。

 

おみくじを引いたら「大吉」でした。「時間がかかるが、後で願いは叶う。退屈せぬように過ごしなさい」とあって、何やら見透かされた気になりました。

そう、今の仕事の最大の問題点は、同僚の軋轢よりも「暇」「退屈」なんですね。自分を飽きさせない工夫を、今後も重ねていきたいと思います。

 

🌸    🌸    🌸

 

連日出かけているようですが、5/5は近所を散歩した後は、ほぼ家で読書をして過ごしました。ざっと10冊くらい目を通したので、日が暮れたら図書館に返却に行きます(紫外線を避けるため)。

 

後は「SPY FAMILY」が面白くて、コミックも9巻まで読んでしまいました。

www.youtube.

荒唐無稽でテンポが良くて、楽しい話がいいな。

(個人的には、人間の負の部分をこれでもか!これでもか!とえぐってくる作品よりも、軽妙洒脱な作品のほうが好みです。重い話は、リアルで十分だし)

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村