面白がって ご機嫌に生きる

快適なモノや場所を選び、いつも機嫌よく過ごしていたら、運と勘が強くなりました。どこまで楽しんで暮らせるか、日々実践中です。

小網神社例大祭。縁起・験担ぎについて思うこと。

5月28日は小網神社の御鎮座556年目で、例大祭だったのですね。

そして不動明王縁日。

が、そもそもうっかり者のワタクシはその辺を失念しており、今日の正午に眼科健診の予定を入れておりました。さらに眼科健診前に整骨院の予定を入れたため、午前参拝も無理…と昨日気づきました。うっかりにも程がある。

 

眼科健診後に、小網神社のみ参拝することにしました(不動参拝は先週行ってきたので省略)。

御鎮座例大祭の日で、巳の日で土曜。混むかな…とあらかじめyahooリアルタイム検索で調べたのですが、それほど混雑していませんでした。

天赦日の時は、平日にもかかわらず2時間待ちの長蛇の列だったのに。

おそらく、今日が不成就日・受死日のため、験を担ぐ人たちは避けたのかな?と思いますが…。

 

天赦日、一粒万倍日などをタイトルに入れた記事を書くことがありますが、実はあまり真に受けて行動していません。

如来の法の中に、吉日良辰を選ぶことなし

  ー涅槃経ー

涅槃経の例えを持ち出すまでもないことですが、占いや方位取り、縁起担ぎや験担ぎで行動を制限するのはあまり得策とは思えませんし、好みでもありません。

全く無意味とまではいいませんが――敢えて言うなら「縁起担ぎ」は「酒」のようなもの。適度にたしなみ、気持ちを明るく楽しくするには有効ですが、依存したり、自分の人格や健康が崩れたり、生活が乱れるほどに、呑まれるものではありません。そもそも酒がなくても人生は楽しめますし。

個人的には、真面目に縁起担ぎする方たちのおかげで、混雑もなく小網神社例大祭参拝ができたと、ありがたく受け止めておりますが――しかし一方で、元日は仏滅・三隣亡・受死日とどんなに凶が重なろうとも、どこの神社仏閣も混雑しますよね。

本当に「お日柄」に拘泥する人が多いのでしょうか。

どんな凶日であれ、待望の赤ちゃんが生まれたらめでたい。天赦日に災害が起きたら「いいお日柄で」とはならない。日柄・方位に関係なく、合格する人はするし、落ちる人は落ちる。不成就日であれ、金メダルを取る人は取る。それだけのことです。

縁起担ぎで、エンジンブルブル絶好調!になるなら、うまく取り入れればいいと思っています。あくまで自分を見失うことなく、楽しめる程度に。

 

私は「例大祭(御鎮座日)参拝」できたことで、ご縁が深くなったと満足しました。

そのくらいの縁起は担いでいます。

 

larisa.hateblo.jp

一年前の5/28も小網神社に参拝していますが、その日の記事に

高幡不動尊(日野市)⇒小網神社中央区)⇒大圓寺目黒不動尊(目黒区)⇒白山神社(文京区)と巡ってきました。縁日参りは楽しいですね。

と書かれていて、昨年の私の闊達さにびっくりしました。

 

今の私は、そのコースを一日で巡るのはしんどいな。今年は

整骨院⇒眼科健診⇒小網神社⇒居住区の図書館

で精一杯でした。

 

侮りがたし更年期。まあ、マイペースで暮らしていきます。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村