面白がって ご機嫌に生きる

快適なモノや場所を選び、いつも機嫌よく過ごしていたら、運と勘が強くなりました。どこまで楽しんで暮らせるか、日々実践中です。

セミリタイアの選択を天に投げてみたら

数か月前から、同僚に事務改善を提案しているのですが、どうも噛み合わない。

ついに「だったら、あなたがやったらどう?」と逆ギレされました。

この方はこちらが頼んだことは頻繁に忘れてしまい、しかしそれを指摘すると腹を立てるという、困ったタイプ。実際、「私もミスはあるだろうから、相互に伝え合って、改善しましょう」と一方的に責めないように伝えても「いわれるほうがストレスだ」「私も我慢している」と被害者意識のオンパレード…久々に「非仕事人間」に邂逅しました。

 

美輪明宏さんが「女性は普通のアドバイスでも、感情的になって落ち込んだり怒ったりして、素直に聞き入れないから大変」と評していましたが、そのドストライクな人なのです。全女性がそうではないけれど…まあ大変ですね。相手は変わらないから。

…実は、ちょっとした賭けをしていました。私の提案に対し、相手がどう出るかによって去就を決めようと思っていたのです。

想像どおり、天は「辞めろ」と回答してきました。

嫌なことがあるから「辞める」というわけではなく、ここにいても何の成長もできないし、普通の提案も通らないし、そろそろ転換期だなと感じていたのです。そう思うと、彼女が激高してくれたのも、ありがたい話です。私がぐずぐずと、本来長居すべきでないところにいるので、神様がメッセージを送ってくれたのかも。うん、きっとそうだ。

そう考えたら、腹も立ちません。正直、どうでもよくなりました。

 

最近、通勤も疲れるようになってきました。

年齢に負けない!他にも頑張っている人もいるし!という張り合いの精神はなく、自分の心身と相談して、最善の道を選ぶつもりです。

 

まだ誰にも話していませんが、秋には退職するつもりで動いています。

これが最後の宮仕え。着地点に向け、淡々と行動していきます。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村