面白がって ご機嫌に生きる

快適なモノや場所を選び、いつも機嫌よく過ごしていたら、運と勘が強くなりました。どこまで楽しんで暮らせるか、日々実践中です。

別離は成長のひとつ

最近、目覚まし時計が壊れた。

表示が一部出なくなったので、電池を変えたが改善しない。

買い替えることにした。もうかれこれ10年は使っているから、寿命なのだろう。

 

高幡不動あじさい祭りの後、新宿のビッ〇カメラで購入。やはりメーカー品が安心。

後はカメラも不調だし、椅子も不調だし、風呂釜も故障したので直したし…いろいろなものが壊れていく。私に合わなくなっていく。でもそれは、多分良いことだ。

成長すれば、去年の服は着られなくなるし、好みも変わっていくもの。

哺乳瓶でしかミルクを飲めない…という成人がいたら――個人の嗜好は自由だが――ちょっと距離を置くと思う。畢竟、生まれたときからの習性や嗜好を、後生大事に抱え操を立てなくてもいいと思うのだ。変わるのは必然。

賞味期限の切れた関係を断つことや、合わない何かから離れていくことは、私は成長のひとつだと思っている。

 

古い時計は、感謝をもって手放そう。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村