面白がって ご機嫌に生きる

快適なモノや場所を選び、いつも機嫌よく過ごしていたら、運と勘が強くなりました。どこまで楽しんで暮らせるか、日々実践中です。

生霊・占い・墓についての不思議見解

昨日、目覚まし時計が壊れた話を書いた。モノが壊れるのは吉兆、とするネット記事をいくつか読んだが、そのうちのひとつ

時計が止まる・壊れるときのスピリチュアルな意味、3つ目は「誰かから生霊を飛ばされているサイン」ということが考えられます。

電化製品は霊的なエネルギーの影響を受けやすいため、他人から恨まれたり妬まれたりしていると、身に付けている腕時計が止まったり壊れたりすることがあるのです。

というのがあって…ごめんなさい、吹いた。

生霊はともかく、止まらない・壊れない電化製品があるわけない。気分が上がる話ならともかく、この手の脅かしは好きじゃない。

 

でも、スピ系が好きな人は「どう考えてもおかしいでしょ、それ」という話を鵜呑みにするものなのだ。

 

🌹    🌹    🌹

 

叔母(母の妹)の墓についての見解。

あのね、草も生えないような墓は良くないんだって。墓石だけの墓は運気が下がるんだって。専門家の先生が言ってたわよ。

なんで?と聴いたところ

ご先祖様が、息ができないのよ!それで苦しむから、草や花や土に触れさせる必要があるって。風水でもそうなっているの。私、けっこう勉強しているのよ。

あー…叔母さん、それ絶対インチキだわ。なんで遺骨が息ができずに苦しむの。だったら、その前の火葬は、相当酷薄なことになる。矛盾を感じないのかな。

と思ったが、私は自分の領域を侵害されない限り「他人様の価値観」には容喙しないと決めているので、突っ込むのは心の中だけにした。

叔母は私の手のひらを見て「あっ、生命線が途中で切れている!あんた50過ぎで体調崩すよ」とどや顔で言っていたが――手相を見なくても、大抵の女性は50過ぎたら、体調を崩すものだ。正直、この程度で勉強といえるなら、私は明日から占い師でも開運カウンセラーでも開業できるな、と妙な安堵をおぼえた。

まあ、叔母は多趣味なので、スピ系どっぷりで周囲が見えなくなることはないだろう。ただ、目に見えない世界を語る場合は、相手が元気になる言葉を選んだほうがよいと思う。

 

🌹    🌹    🌹

 

生霊で思い出した。

キムタクの結婚が決まった時、工藤静香へのバッシングコメントがあふれ返った。

その時、ある無名の人がこんなことを書いていた。

これだけ多くの人から恨まれ、嫉まれ、怨念を向けられても

何事もなければ「生霊」なんて嘘だと思う。

私は、こういう冷静な意見のほうが好きだ。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村