面白がって ご機嫌に生きる

快適なモノや場所を選び、いつも機嫌よく過ごしていたら、運と勘が強くなりました。どこまで楽しんで暮らせるか、日々実践中です。

退職を決めてからの変化

4日前に、念願の退職面談を済ませ、心がすっきりと軽くなった。このところの体調不良は更年期ゆえと思っていたが、どうやら仕事ストレスによるところも大きかったようだ。

この数日の変化を記してみる。

血圧が正常に戻る

ずっと収縮期が150前後だったので「年齢によるものだろう」と思っていたのだが、昨日計測したら「126-59」に下がっていた。

体重が適性値に戻る

なんだか身体が軽くなった気がして、計測したらBMIが22未満になっていた。今まで23.5前後でうろうろしていたというのに。特にダイエットに励んだわけではない。ただ無意識の暴飲暴食が減ったから、体重が落ちたのかもしれない。

不眠症がやや改善

薬を飲んでもまったく効かず、眠気を感じることがなかった。眠ってもすぐに目が覚めてしまい、疲れが取れなかったのだが、ぐっすりと眠れるようになった。まだ断薬はできないが、退職したら完治するように思う。

集中して本を読めるようになった

今までは2ページほど繰ってはぼんやりしてしまうことが多かったのだが、集中して読みとおすことができた。

早く歩けるようになった

常に胸苦しく、ゆっくりゆっくり、トボトボ歩くようになり、よく人に追い越されていたが、かなり足取りが軽くなった。体重が減少したこともあるが、精神的な要因が主だと思う。

外出を控えるようになった

気分転換をしなくても、精神が落ち着くからだろうか。自由時間が手に入ると思う安心感からだろうか。あたふたと出かけることが少なくなった。やたら遊びに出ていたのも、ストレス解消だったのだろう。

まとめ

退職の方向で動き出し、短期間でこれほどに体調の変化があったのに驚いている。

ストレスを舐めてはいけない。更年期だと思い込み、放置してはいけないのだ。

 

ハイジはフランクフルトが合わず、病み続けた。彼女が心身の健康を取り戻すには、適した場所――アルムに戻る以外の道はなかった。

多分、私もハイジと同じ。合わない場所から離れれば、より生気を取り戻すのだろう。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村