面白がって ご機嫌に生きる

30万アクセスまで、ぼちぼちと雑感を綴っていきます。その後は、開店休業の予定です。

父の日と母の誕生日と。

先月の母の日は、父の10回目の命日だった。

今月の父の日は、母の80回目の誕生日。

来月は、私が宮仕えを卒業する。

今年は節目の年になりそうだ。

弟宅に行く。ミニ薔薇の花束、さくらんぼやキウイ、お菓子などを仏壇に供え「供養だから」と両親の話に花を咲かせようとするも、姉弟ともに既に「次いこ、次」の段階に入っているので「両親の不摂生を反面教師にし、お互い健康に気をつけよう」という妙に前向きな話題になった。

 

父の旅立ちが先で、母が後で本当に良かった。もし母のがんが先だったら、父が荒れ狂って(そして倒れて)ダブル介護になっていたかもしれない。父ががんで闘病の後、母が心不全でポックリ逝ったら、私と弟はまた違った感慨をもっただろう。

父が心不全、母ががんで逝ったことは、天の采配としか思えない。ふたりとも長患いをしなかった。母の闘病は4か月と短かったが「悔いのないように母と向き合おう」と弟と覚悟を決めていたので、あの時ああしていれば…と悔恨の念に駆られることもない。

コロナ禍前に見送れたのも、僥倖だったと思う。

 

よく弟に「神様は絶対、私たちに意地悪はしない」という話をする。

通称「姉コーチング」。今日はこんな話をした。

お父さんの心不全は食べ過ぎが原因だよね。お母さんは料理を作り過ぎだよね。…多分、お母さんが生きていたら、〇ちゃん(弟)に大量の食事を出し続けて、お父さんの二の舞になっていたかもしれないよ。

だから神様はお母さんを連れていくことで、〇ちゃんの寿命を守ったんだと思う。

私たちは、相当に運が強いんだから大丈夫。

コーチングの効果か、一頃は「両親が80まで生きられなかったのは、親戚内でもウチだけだ」と悲観的だった弟も「今が一番幸せで楽しい」とすっかり元気になった。

弟を励ますことで、私も状況を俯瞰し前に向けるようになったので、姉コーチングというよりもセルフコーチングの意味合いが強いかもしれない。

まあなんにせよ「両親の永眠」を短期間でここまで前向きに解釈できるようになったのだから、かなり開運スキルは上がったと思う。黒帯というか、師範を名乗ってもいいかもしれない。

 

🌸    🌸    🌸

 

仏壇に「来月、仕事辞めるよ」と報告も済ませた。

父が昔「ゆめのは元々目から鼻に抜けるように賢い子だったのに、学校に行ってから伸びなくなった。周りに合わせようとして、却って自分を抑えたんだと思う」と口惜しがっていたのを思い出した。父は私を過大評価している面があるので、称賛の部分を9割引いても「組織に合わない」「周囲に合わせて自滅する」という指摘は当たっている。

母も「あんたは習い事が身につかない。独学でやったほうがいい結果を出す」とこれまた父と似たような評価をしていたのだった。さっき思い出した。

割と得意な運気アップやコーチングも、ほぼ独習で身につけてきたし…。両親の「学校や会社が向かない(=組織から離れたほうがいい)」というのは正解だと思う。

 

私は霊感はないのだが「早く辞めてしまえ、そんな部署!」と父が背中を押してくれたような気がした。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村