面白がって ご機嫌に生きる

快適なモノや場所を選び、いつも機嫌よく過ごしていたら、運と勘が強くなりました。どこまで楽しんで暮らせるか、日々実践中です。

職場の私物を整理する…必要はなかった。

退職まであと1か月。私物の整理でもするか…と考えてみたが、はたと気づく。

整理もなにも、私物が殆どないのだった。

机の引き出し…タイムシート、フリクション、ウェットティッシュ、印鑑、メモ帳

ロッカー…歯ブラシセット、制汗スプレー、マスク(予備)

明日から来なくていいよと言われたら、全部トートバッグに入れて一度で持ち帰れるくらい私物が少ない。タイムシート以外なくなっても困らない(最悪、タイムシートを紛失しても何とかなる)。とにかく思い入れのある品はひとつもない。

 

同僚ふたりは、とてつもない量の私物を持ち込んでいる。多分、退職や異動の際は、数週間かけて運搬するか、段ボールに詰めて配送しないと追いつかないだろう。

これは、多分マーキング。ここが私の居場所、縄張りなんだと主張しているのだと思う。それだけ職場に思い入れもあるのだろうが…。

私はそういう感覚が薄い。職場でも旅先でも手荷物が少ないほうが良い。持ち物が多いほど、動きが鈍くなる。何事も軽やかにいきたい。

スナフキンほど身軽にはなれないが、モノや人に縛られないほうが楽なのだ。

 

🌙   🌙   🌙

 

夏至が過ぎたら、妙に心身が楽になった。職場の人間関係もやや持ち直した。

(お参りの効果か、運気が変わったのかは不明)

 

あと一か月。優秀な後任が配置されることを願うばかり。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村