面白がって ご機嫌に生きる

快適なモノや場所を選び、いつも機嫌よく過ごしていたら、運と勘が強くなりました。どこまで楽しんで暮らせるか、日々実践中です。

婦人科受診の後に、愛宕の千日詣り(ほおずき縁日)へ

婦人科受診編

ひと月に一度、婦人科を受診する。自分と医師の時間を効率よく使うため(また自分の記憶力を信じていないため)あらかじめ症状をメモしておく。

診察室に呼ばれた後に「不定愁訴があるのですが」と不調をずらずらと読み上げた。

医師に「長く立っているのがつらく、すぐに座ってしまう。歩いていても胸が苦しくなる。動脈硬化か更年期か甲状腺異常によるものでしょうか」と質問したところ、「もし不安なら、循環器の良い先生を紹介しますよ」といわれた。取り敢えず、あとひと月は様子をみて、改善しないようならまた考えましょう…ということになり、血液検査だけ受けた。今回は甲状腺ホルモンと血糖値も調べてもらう。

この婦人科の先生(推定60代の男性)とは相性がいい。4年前に症状を話したら「それはちょっと検査しましょう」ということになり、すぐ子宮内膜症を発見してもらえた。その時に「先生が信頼できる病院で手術をしたい」と話したところ、狙ったわけでもないのに「神の手を持つKドクター」に執刀してもらえることになった。

医師運が良く、本当にありがたい。

医師に任せて自分はまったく勉強しないのも、医師を信じず健康に気を配らないのも、どちらも好ましいとはいえない。ちなみに前者が母で、後者が父。二人とも私からすると信じられないほど医師運が悪かったが、今はそれも結局自分で引き寄せているのだな…と思う。

健康管理(運動、栄養、休養)、適切な通院も大事だが、何より「自分の身体は自分で守る」という気持ちが大切である。

医師はその手助けをしてくれるだけ。健康管理の責任者は常に自分だ。

 

愛宕神社「千日詣り」

待合室でスマホをいじっていたら、「愛宕神社ほおずき市は6/23-6/24」という情報が目に入った。24日が縁日なのは覚えていたが、前日からお祭りだったのか。

せっかくだから、行こう。この情報が飛び込んできたのも、何かのご縁。

去年もほおずき縁日(6/24)に参拝しているので、今回の記事は簡単に。

 

86段の出世の石段。

婦人科受診帰り(血液も少し抜いたばかり)の私が上れるだろうか…。さっき医師に「動悸・息切れ・胸の苦しさ」を訴えたばかりだというのに。

「神様、上らせていただきます」と一礼し、石段に足をかける。

手すりにつかまりつつ、ゆっくりと歩を進める。できれば歩みを止めることなく86段を上るとよいらしい。

 

larisa.hateblo.jp

昨年、子どもをノンストップで上らせたママがいて、上り切った後に子どもが泣き出していたっけ…。縁起イベントは頑張らず、軽く楽しんだ方がいいのだけど。

そんなことを思い出していたら、あっという間に上ってしまった。全然苦しくなかった。というよりも、今までで一番ラクに上れた。・・・あれ?

何だろう。今日は神様に呼ばれているのかな?普段は、駅の階段を上るだけでもしんどいのに。

平日でもかなり混雑。10分ほど並んで、参拝。

今回はほおずきはいただかないで、お参りのみ(昨年、うまく育てられなかったので…)。

 

 

小さいお社から(右から左へ)順に参拝。皆さんのやり方に倣う。繁栄、成長という意味で「小⇒中⇒大」と祈るのだろう。気にしなければ、どこから参拝してもいいと思う。ただ、真ん中(稲荷社)から祈る人は見たことがないが。

 

鯉の餌を買って、ぱらぱらと撒く。今回は鳩も寄ってきた。

撮影しなかったが、辯天様にもご挨拶。辯天池のあじさいが綺麗。

 

ご神猫のシズちゃん。換毛期なのか、抜け毛が落ちている。

 

2021年6月のシズちゃん。このときのほうが丸々していたかも。

 

2022年6月のシズちゃん。

偶然なのか、昨年と同じ場所で眠っている。よほどあの場所がお気に入りなのだろう。

 

おみくじを引いたら「二十四」…つまり縁日の数字。

 

予想どおり「大吉」。

思う事 思うがまゝに なしとげて 思う事なき 家の内哉

良かったー!やっぱり歓迎されている。

 

ざっくりと振り返り

この後、スーパーで買い物をしたら、合計金額が888円だった。

8888ナンバーの車はおそらく2日に一度の割合で見かけているが、買い物でぞろ目はあまりない。かなり嬉しかった。愛宕神社には「早く来い」と呼ばれていたように思う。

 

病は気からというが、お参りしたら急に気力と体力がわいてきた。

磁場の良い場所に行くと元気になるし、合わない場所にいると、ぐったりする。

ネコのように、自分が心地いいと思う場所を選んでいこう。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
6/30は夏越の大祓