面白がって ご機嫌に生きる

快適なモノや場所を選び、いつも機嫌よく過ごしていたら、運と勘が強くなりました。どこまで楽しんで暮らせるか、日々実践中です。

縁切榎に退職成就のお願い「今日を楽しく生きよう」

退職(仕事上の人間関係)について、応援コメントをいただきありがとうございます。

今までも奇人変人と仕事をした経験はありますが、通常は1~2年で(異動で)お別れするのに対し、今回は私が動かない限り、あと7年以上この状況が続くわけです。

「そんな地獄を耐える気はない!勢いよく辞めちゃえ!」と行動に出ました。

何事も、勢いは大事です。石橋を叩きすぎて渡らないと、好機を逃します。

我々は、明日、大地震が起きるかもしれない日本列島に住んでいるのです。

先のことなんか読めないんですから、きょうを楽しく生きたほうがいいと思いますけどね。(6/19日経新聞より:大石静さんの言葉)

本当にそう思います。大地震以上に、この暑さ…。いつまで地球に住めるのか不透明なのですから、できる限り楽しさや快適さに舵を切ったほうがいいですね。

 

 

さて、6月30日は夏越の大祓。今年も半分経過しました。

6/23に愛宕神社で茅の輪くぐりを済ませているので、穢れを祓うため縁切榎に伺いました。

縁切榎

絵馬を入手する気で長寿庵蕎麦屋)さんに向かいましたが、お休みでした。

お隣の柳花(美容室)さんに向かいます。

入り口で千円札を握りしめ、掲示文「絵馬をお求めの方へ。お釣りはありません。1000円ご準備ください(以下略)」を読んでいたら、察しのいい店員さんが絵馬を携えて出てきてくれました。暑い外気が入らないよう、数秒で受け渡しを終え、扉を閉めます。

 

このたび、三回目の絵馬。いずれも職場の悪縁を断てるように…と願って書きました。

ただ、何事もそうですが、願っているだけでは叶いません。自分で行動し、及ばないところは、神様に助けてもらう。自力本願も他力依存もNGですね。

 

酷暑でしたが、数名の参拝者が静かに参拝していました。参詣が途切れることは、滅多にありません。

お酒をお供えし日ごろの感謝を述べた後に「パワハラお局との縁切」「病気や人災・悪習その他あらゆる災禍との縁切」「退職後の道開き」を願い、より楽しく暮らせるように祈りました。

※お祀りされている第六天は「欲を叶えたい神」「楽しみ推奨型の神」ですから、縁切だけでなく「人生を楽しみたい」という願いも受け入れてくださいます。むしろ「縁切」だけ願って帰るのは、失礼だと思って参拝しています。

晦日詣を終え、気分はすっきり。この後は家で晦日掃除・片づけに取り組みます。

クレジットカード解約

全然使用していないライ〇カ―ドを退会しました。4年前の退職時に「クレカは作っておかないと!」と焦燥感をもって保有したのですが、楽天カードTSUTAYAカードがあれば十分かな、とわかりました。

Am〇zonカード、セ〇ンカードもそのうち処分します。

紙資料の破棄

取説や基礎体温表、新聞の切り抜きなど、持っていても見ないもの、所有を忘れているようなモノはどんどん処分しました。

退職したら、今の職場に関する書類もすべて破棄します。ちなみに4年前の所属の書類(給与明細、永年勤続表彰状その他)は退職した年にすべて捨てました。

その他

さっきアクセスを確認したら、今月は18,000を超えていました。一日平均600超。

読みに来てくださる皆様、ありがとうございます。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村