面白がって ご機嫌に生きる

快適なモノや場所を選び、いつも機嫌よく過ごしていたら、運と勘が強くなりました。どこまで楽しんで暮らせるか、日々実践中です。

退職日が迫るも、後任が決まらず。

退職まであと数日となった。保険の手続きや引継ぎについて、担当にメールで連絡をしても、一向に返事がない。いつも打ち返しの早いひとだ。

一週間も音沙汰がないのでこれはもしや…と危ぶんでいたところ「後任はまだ決まっていません」という連絡が届いた。

別に動揺はない。「後任に引継ぎを」といわれたので、その心づもりをしているが、ない袖は振れない。もし退職日までに後任が決まらなければ、残った人で仕事をまわし、新しい人には残留者が仕事を教えるだけのこと。

こういう話は珍しくない。「後任が決まらない」のは採用担当の課題であり、組織を抜ける人間に非があるわけではない。

(引き継がなくても支障がないよう、私の仕事はすべて同僚にわかるようにしている。仕事の透明性を常に意識してきたので心配はない)

私は数か月前に退職を相談し、許可する旨を聞いたので、後はそれに向かって着々と進むだけである。

 

残り数日。心を込めて働き、後顧の憂いのないよう過ごそう。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村