面白がって ご機嫌に生きる

快適なモノや場所を選び、いつも機嫌よく過ごしていたら、運と勘が強くなりました。どこまで楽しんで暮らせるか、日々実践中です。

浅草寺(四万六千日・ほおずき市)

7月9日から10日は、浅草寺の四万六千日(しまんろくせんにち)。

現在、浅草寺では月に1度、年に12回の功徳日を設けている。このうち7月10日は最大のもので、46,000日分の功徳があるとされることから、特に「四万六千日」と呼ばれる。この数の由来は諸説あり、米の一升が米粒46,000粒にあたり、一升と一生をかけたともいわれるが、定かではない。46,000日はおよそ126年に相当し、人の寿命の限界ともいえるため、「一生分の功徳が得られる縁日」である。
 四万六千日の縁日の参拝は江戸時代には定着し、われ先に参拝しようという気持ちから、前日9日から境内は参拝者で賑わうようになった。このため、9日、10日の両日が縁日とされ、現在に至る。

公式サイトより引用

 

10日は大安吉日のため、9日より混むだろう。気温も高いらしい。何より9日は(大恩ある)伯父の月命日なので、この日に訪れることに決めた。

 

浅草寺の風景

提灯には「雷除」「四万六千日」の文字。7月9日・10日限定の雷除の模型も上段中央に飾られている。

かなりの人が集まっており、本堂賽銭箱の端っこから参拝させてもらった。日ごろの感謝を述べ、家族のことや伯父の浄福その他を祈る。もちろん、退職後の道開きについてもお願いし、非常に気持ちがやわらいだ。

 

境内の各お堂には洋花(バラやユリ)がお供えされていた。これは弁天社で撮影。

 

 

人混みは苦手なのだが、陽気な人たちが放つ活気は好き(自分でも面倒な性質だと思う)。

おみくじの結果

おみくじは、参拝後に「ご本尊から最も近い場所」で引くことにしている。今回は堂内にて神籤を引く。本尊に向かって「自分にぴったりのものを引かせてください」と真言を唱えてから引いてみた。「八」。末広がりなので、もしや大吉ではないか。

と思って開けてみると…。

 

 

やっぱり!浅草寺のおみくじは3割が凶だから、大吉はかなり嬉しい。最近、どこでおみくじを引いても「願望:叶う」とあるので、非常にありがたい。

 

限定お守り

「四万六千日 御守護」の金文字。

災難厄除のお守り(一体1000円)

「雷除(画面左部分。白いお守りを木ではさんだもの)」も500円で入手できるが、すぐボロボロになりそうなので、懐中守りを選んだ。

 

ほおずき

鉢で買うと2500円。私は植物を育てるのがうまくないので、バラで3個買ってみた。

かご付きで500円(ほおずきだけなら1個100円)。美人のお姉さんが、先が割れていない形の整ったほおずきを3つ選んでくれた。

「玄関に吊るしても、仏壇に飾っても良いですよ。乾燥させたほうが長持ちするので、袋から出してみてくださいね」とのこと。

 

振り返り

無事に四万六千日参りもできたし、おみくじの結果もよかったし、きれいなお姉さんに親切にしてもらえたし、限定お守りとほおずきもいただけたし、帰りは8888の車も見られたし、大いなる功徳とともに、たくさんの活気をもらえた吉日だった。

 

夜の天気予報によると、7月10日は天気が崩れるらしい。ということは、9日に呼ばれていたのか…?

そういえば、参拝前に自販機で130円のお茶を買ったら釣銭がすべて10円だったので「お賽銭に最適だ。きっと歓迎されているんだな」と思ったのだった(とはいえ、特別な日なので本堂のお賽銭は100円にした)。

 

参拝前から守られていることを、深く感謝。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村