面白がって ご機嫌に生きる

快適なモノや場所を選び、いつも機嫌よく過ごしていたら、運と勘が強くなりました。どこまで楽しんで暮らせるか、日々実践中です。

退職後の「国民健康保険」の切替手続き

4年前の退職時は任意継続を選んだ。今回はフル勤務ではなかったため、国民健康保険のほうが安い。

…退職後14日以内に手続きする必要がある。あるFIREブロガーさんが「源泉徴収票を取っておくといい」と書かれていたのだが、それを入手できるのは退職20日後くらいになりそうだ。疑問点をまとめ、居住区に照会した。

そのメールの返信(抜粋版)がこちら。

国保の加入手続き

今までご加入の健康保険の資格喪失日(退職日が令和4年7月31日の場合は翌日の8月1日)以降に可能となり、原則として、資格喪失日から14日以内にお手続きいただくようお願いしております。しかし、今般の新型コロナウイルス感染拡大防止への対応が求められている状況においては、届出の遅延もやむを得ないものとしてお手続きを承ります。届出が14日を超えた場合も、国保に加入する日は今までご加入の健康保険の資格喪失日と同日になること等、通常どおりのご案内となります。

国民健康保険

4月~翌年3月の年度ごとに前年の1月~12月の所得をもとに計算し、加入手続きが完了した翌月半ばに決定し、世帯主様あてに通知いたします。このときの計算に用いる前年中の所得の情報につきましては、当該年度の1月1日(令和4年度の場合、令和4年1月1日)の住所地の区市町村の住民税担当課より情報を得て算定しますので、質問者様ご自身で源泉徴収票国保の加入手続き時にご持参いただく必要はありません。

◆必要書類 

健康保険資格喪失証明書(現在ご加入の健康保険を脱退したことが証明されているもの。扶養家族がいないときは、「健康保険資格喪失証明書」に代わるものとして、離職票-2又は退職証明書でも可)  ・・・健康保険は切れ目なく加入する制度であり、国保の加入にあたり直近の健康保険の喪失状況を確認する必要があるため、必要な書類となります。現在お勤めの会社または社会保険健康保険組合より交付を受けてください。 

来庁者の本人確認書類(運転免許証、パスポート、マイナンバーカード等) 

世帯主及び加入する方のマイナンバー(個人番号)が確認できるものマイナンバーカード、番号通知カード等)

やはり餅は餅屋。体調不良は医師に、保険や年金の疑義は担当部署に聞くのが一番確実。今日あたり職場から資格喪失証明書が届くはずなので、すぐに手続きをしよう。

パスポートとマイナンバーカードも準備した。

 

しかし、交付にどれくらい時間がかかるのだろう。保険証が手元にない事態を想定し、8月上旬にクリニックの予約を入れないよう日程を組んだのだが、よく考えたら中旬は大抵のところはお盆休みなのだった。もう一度手持ちの薬を調べたところ、なんとかお盆明けまでもちそうだとわかり、ほっとした。

 

気分刷新のために、手帳を新しいものに切り替える。ピンクがこれまで使用してきたもの、ブルーがこれから使うもの。仕事の予定などが一切書かれていない、まっさらな手帳は気持ちがいい。

 

ひとつひとつ、整えていこう。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村