面白がって ご機嫌に生きる

快適なモノや場所を選び、いつも機嫌よく過ごしていたら、運と勘が強くなりました。どこまで楽しんで暮らせるか、日々実践中です。

<コロナ療養記>低血圧と食の好みともの忘れ

猛暑とコロナ回復期につき、日中はほとんど家で過ごしています。

近所を散歩

先ほど、図書館で予約本を受け取り、スーパーで買い物を済ませて帰宅し、図書館の予約状況をネットで見たら「一冊準備できました」とのメッセージが…。ちょっとタイミングが悪かったですね。でもこの猛暑の中、再度出かける気力・体力はないので、明日以降取りに行きます。

準備できた本はこちら。最近、和田先生の本を読み漁っています。

なぜか低血圧

8月に入り、血圧が妙に低くなりました。この数年はずっと最高血圧が140~160くらいだったので、高血圧を心配していたのですが…コロナ後遺症もあるでしょうが、仕事ストレス解消も一役買っているのかもしれません。

今はやたら塩分を欲していて、味噌汁や梅干しを好んで食べていますが、食べたいものが必要なものなんですね。森のイスキアの佐藤初女さんも「やたらと塩分を悪者にする風潮がありますが、塩は大事なものですよ」とおっしゃり、長寿を全うされました。

最近の症状と食について

まだ咳と倦怠感は続いています。ボストン美術館展トップガン マーヴェリックも観に行きたいなと妄想しつつ、実行に移す気力と体力はありません。今は休養せよという事なんだろうなと思い、午睡を貪っています。

 

味覚過敏は治ってきました。ただ「炭水化物を食べると胃が重くなる」「食品添加物や保存料が合わなくなった」「味の濃いものや油っぽいものが食べられなくなった」「チョコやスナック菓子も食べたくない」と嗜好が変わってきています。

今好んで食べているのが「たこ&きゅうり」「梅干し」「グレープフルーツ」。身体が重く、偏食で、合わないものを食べると気持ちが悪くなり、酸っぱいものを好むなんて、まるで妊婦さんのようです。

 

前回の記事で作り方を尋ねられましたが、お惣菜売り場で買っているので不明です…ごめんなさい。

うま塩にんにく味は「材料:たこ・きゅうり・塩・にんにく・ごま油・小口ねぎ」で揉んで和えるだけだと思います。実は長く立っているとふらふらするので、キッチンや洗面でも、台に腹をくっつけて(身体を支えて)作業しています。立位に耐えられるのは5分くらいなので、現在、料理は断捨離しています。

散歩も片道10分くらいが限度でしょうか。ネットで「コロナ回復期に運動し過ぎて、却って不調になった例もあるから、無理は禁物」という意見を読み、それもそうだな…ゆっくり調子をととのえよう、と当分は家でおとなしく過ごすことにしました。

 

取り敢えず…良い食材を扱えば体調も良くなるかも?と考え、下記のおためしセットを注文しました。

www.radishbo-ya.co.jp

 

この機会に、食生活を見直していこうと思います。

・良質なたんぱく質を取る

・水分を取る

・新鮮な野菜を食べる

化学調味料・保存料はできるだけ使わない

後は身体の声を聴き、必要なものを適量食べる…ということでしょうか。

でも最も難しいのは「良い水を飲む」ということ。ペットボトルのお茶や水が腐敗しないのは…それだけ防腐剤が入っているからです。まあ神経質になり過ぎないよう、やれる範囲でやってみます。

もの忘れや勘違い

www.geefee.co.jp

ブレインフォグなのか、最近読み間違いが増えています。

 

オオバンクラブ物語」が「オバハンクラブ物語」に見えたり。

和田秀樹先生の『80歳の壁』に「おむつを恥じるな」と書かれていたのですが、

「おつむを恥じるな」だと思い込んだり。

これはコロナ後遺症というよりも、自意識による勘違い…だと思います。

さっきも「図書館の途中にあるポストに、封書を投函しよう」と忘れないように手に握りしめて歩いていたのに、気づいたら図書館に到着していました。

まあ「暑い~。息苦しい~。ふらふらする~。マスクが汗ばんで気持ち悪い~」と体調に全集中していたので、これは無理ないか。

最後に

まだ「社会保険資格喪失証明」が届いておらず(手続きができないために)保険証がない状態。自費で治療を受けたくないので、何とか病院のお世話にならないよう気をつけています。

とにかく、絶対無理はしない。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

やたら眠いのは、ライオンズゲートのせいかもしれないし。

こういうときは眠っておこう…。