面白がって ご機嫌に生きる

2022年の夏、サラリーマン生活を卒業しました。生きているうちは快適に、旅立つ時は軽やかにをモットーに暮らしています。

交通運に感謝しつつ、映画を観に行くもアレにやられた日

水曜日は映画が安い。8/10に「マーヴェリック」を観に行くことにした。

交通運の話

しかし、いつも5時前に起床するのに、なぜか7時過ぎまで眠ってしまい、最初行く予定だった映画館(8:40開演)は諦めた。行き先を池袋に変更する。

当初予定していた映画館も、池袋も電車(A線)で行ける。だが、何となくA線は使用したくなくて、滅多に使わないB線に乗ることにした。

B線の電車に乗り込んで、車内電光掲示板を眺めていると「A線は人身事故のため、運転を見合わせています」の文字が流れている。無計画に直感だけで動いているのだが、また電車事故を回避できた。神様、ありがとう!

朝寝坊も、B線を選んだのも、ちゃんと意味があったんだ。

自分の交通運の強さをしみじみ感謝しつつ、池袋に着く。

映画館は密だった

映画館に入ってその「密」に驚いた。「ひとつ空け」ではなく、びっしり詰めて座っている。人気の高い作品で、映画が安い水曜日で夏休み期間なので、こうなるのだろう。

それよりも…。隣の席から流れてくる「フライドポテト」の匂いがきつくて、胸がムカムカしてしまった。以前ならポップコーンや揚げ物やら匂いも気にならなかったのだが、コロナ後遺症なのか「酸化した油(身体に悪いもの)」に過剰反応してしまうのだ。

食べながら喋っている人はいなかったように思うが、2時間以上密集して、マスクを外しての飲食を許可する一方、その他の施設(図書館等)では「距離を保て」「飲食禁止」とうたっているのだから、なんだかよくわからない。

私の集中力は6割映画、4割自分の体調に割かれていたため、あまり没頭できたとは言えなかった。

 

ところで…トムの恋人役がジェニファー・コネリーだったと後で知ってびっくり。

www.youtube.com

「ラビリンス(1986年)」の時と、印象が変わっていたため、気づかなかった。でも、言われてみたら、面影がある。

(余談)今日は山の日

昨日は、油の匂いに耐えながら、「密」状態で2時間以上座る羽目になった、お出かけの日。祝日の8/11はおとなしく過ごそう。暑さも混雑も(こもった匂いも)苦手だ。

年間登山数が世界一の高尾山は、今日も激混みだと聞く(リアルタイム検索)。涼しくなったら、登ってみたいが、今はいい。

 

つらたんさんの「武蔵御岳神社」の記事を読んで”登山体験”しよう。tsuratan.com

臨場感あふれる記事のため、長時間乗り物に揺られて疲れて眠いことや、歩いても歩いても神社につかない疲労感、ふくらはぎの痛みや動悸・息切れまで体感できる。

 

今日はお家で、バーチャル登山を楽しもう。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村