面白がって ご機嫌に生きる

快適なモノや場所を選び、いつも機嫌よく過ごしていたら、運と勘が強くなりました。どこまで楽しんで暮らせるか、日々実践中です。

中島みゆき出演「BOSS」CMの世界

中島みゆきファンなので、youtubeで見つけたときは興奮した。流れる歌もいい。出演者も豪華だし…と最初はうっとり眺めていたのだが、よくよく見ると、このCMにすっと通った筋がなく、しかも内容がかなりビターであることに気づいた。

もし中島みゆきが出演せず、「ヘッドライト・テールライト」「ファイト!」が流れなければ、このCMの印象はまったく違ったものになったと思う。

天才の作った歌は、人の心をたやすく動かしてしまう。

www.youtube.com

中島みゆき扮する宇宙大統領が「みんな働き過ぎじゃない?」と問題提起し、コントローラーを使って極端な手段に出る。働こうとすると誰もが電撃を浴びたように身体が動かなくなるのだ。

地上の星地球人たちは活気をなくしてしまう。見かねた宇宙人ジョーンズがうたたね中の大統領からコントローラーを奪い、元の世界に戻す。いきいき働く地球人を見て「(そんなに働きたいのね)だったらファイト!」とほほ笑み立ち去る大統領…。

 

中島みゆきの存在感と歌の力に心奪われてしまい、本質を忘れそうになる。

「働く」のは大切なことだと思う。が、「働き過ぎ」は決して美化されたり礼賛されるものではない。今まで過労死や自殺、うつ病等の人たちをたくさん見てきた経験から、そう思う。適度に働き、適度に休むことが必要だ。

みゆき大統領の手法は、森田療法の絶対臥褥に近い。動けなくなると、意欲は増す。しかし、構造的な問題は変わっていないので、すぐストレスフルな日々に戻るだろう。

「だったらファイト♪」とにっこり笑うみゆき大統領。大統領に「二度とこないでほしい」と願うジョーンズ。

「働き過ぎ問題」はもう解消されることはない。明るい雰囲気のCMだが、内容は非常にビターである。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村