面白がって ご機嫌に生きる

快適なモノや場所を選び、いつも機嫌よく過ごしていたら、運と勘が強くなりました。どこまで楽しんで暮らせるか、日々実践中です。

手帳について

手帳は使わず、スマホで管理する…という人も多いが、アナログ人間なのでそれはやらない。今まで「書いて書いて書きまくるコーチング手帳」「歳時記手帳」「スピ手帳」「時間管理手帳」など、いろいろ試してみたが、どれも使い勝手が悪かった。

手帳は予定だけ書き込めればよい。厚みがあって「重い」のは苦手だ。新月・満月や歳時記はネットでも調べられるし、夢を書きまくるなら家でもできる。それに、もし願望を書き殴った手帳を紛失した場合、落とした下着を発見されるより恥ずかしい。

100円ショップの手帳を三冊購入した。

・4か月ごとに交換

または

・6か月で交換。あと1冊は自宅に置いて「体重や血圧」をメモする

こんな感じで使おうかと思っている。

私にとって、手帳はカレンダーに予定を書き込むようなものなので、大きなマス目があれば事足りる。

(こだわり)

  • 日曜始まりのマンスリー
  • 「23/30」「24/31」など2日がひとマスに圧縮されていないもの
  • 適度な大きさがある
  • 薄くて軽い
  • 低価格

壁掛けカレンダーを毎月破いていくように、過ぎた予定を見返すことはない。使い終わった手帳は都度処分していく。汚れたり、何か切り替えがあった時にも、新しいものに変える。今年で言うなら、勤めを辞めたタイミングで手帳を新しくした。

高価な重量感ある手帳を1年間携帯するよりも、このくらい気軽に付き合うほうがいい。

余談

手帳というか、ゴールデンカムイ展で購入した鶴見中尉のミニノート。

厚さからいって、とても「死んだ気になって勉強する」用途ではないのだが、どうやって使おう。

櫻木神社で買ったメモ帳(右)に、毎月「新月の願い」を書いている。櫻木神社手帳を使い切ったら、次の新月願望ノートとして使おうかな…。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

今週のお題はてな手帳出し