面白がって ご機嫌に生きる

30万アクセスまで、ぼちぼちと雑感を綴っていきます。その後は、開店休業の予定です。

「億り人の素顔とは」から雑感

日経ヴェリタスの記事より。

www.nikkei.com

日経ヴェリタスのアンケート調査

・対象:1億円を超える金融資産を持つ500人の億り人

・平均年齢52歳

・うちFIREを達成した人は12%

・生活費は67%が月30万円未満

・46%が趣味は投資と回答

個人的なツッコミを。

…いつも思うのですが「平均値」は架空の数字なんですよね。こうやって提示されると記事にあるように「俺52歳なのに達していない」と嘆いたりしがちですが、さまざまな年代が含まれているので、あまり左右されないほうが良いと思います。

FIREを達成した人は12%、というのは納得です。お金のために働かなくても良い、ということは「選択肢が広がった」ことを意味します。今の仕事に邁進することもできますし、「これでいつでも辞められる」と思いつつ勤めるのも精神的安寧につながりますし、他の道に飛び込むこともできますし、すっぱりリタイアすることも可能です。蓄財の先にある的(まと)は、FIREだけではありませんから。

「生活費は67%が月30万円未満」単身者か家族ありか、伴侶の収入、子どもの数(教育費がかかる時期かどうか)、介護の有無でも支出額は変わってくるので、これが適正値かわかりません。特に事情のない単身者なら、月20万円未満でも十分ですが。

「趣味は投資」と答えた人が多いのは、想定内ですね。

うーん。この記事を読んでも億り人の素顔は見えてこないですね。というより、見せないものだと思います。

 

相応の蓄財ができる人は「収入>支出」ルールの厳守は当然として、個人情報に対する管理も厳しいと思うのですよ。ですから(上記対象がどうやって選出されたか不明ですが)そこそこの財を持つ一般人は自分から「おら億り人だぁ、億り人だぁ」と喧伝しないはず。

投資家さんのブログを拝見しても「資産額は絶対公開しない。ヒャッハーな人たちに狙われたら困るから」と線引きしている方が多いですし、それがまっとうな感覚だと思います。

 

勤め人時代は、クレジットカードを作る際などの「年収欄」はかなり少なめに申告していました。どこから情報が流出するかわかりませんし、そこから要らぬトラブルを招きたくありませんでしたから。自分が疑い深いせいか、こうした調査ものの数字を見ても「絶対みんな正直に回答していないよな」と邪推し、信用できないんですよね。

幼い頃、電車内で財布を開けようとしていたら、親に「悪い人が見ているかもしれないから、財布はこういうところでいじるものじゃない」と注意され、「蓄財額や保管場所は他人にいうものじゃない、狙われるから」と教育されたことが、今も染みついているのだと思います(ありがたい教育だと感謝しています)。

 

自分のことは自分で決める。情報をすべて鵜呑みにせず、自衛の感覚をもつ。それがなければ、蓄財も自由な生活も、手に入れることは難しいでしょう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村